ニュース
» 2012年05月17日 18時48分 UPDATE

インターネットを安心して使うために知っておきたいこと、グーグルが解説サイトをオープン

マルウェア感染やデータの漏えいなど、インターネット利用で注意したい点を解説したWebサイトをグーグルが公開した。

[ITmedia]

 グーグルは5月17日、インターネットセキュリティの解説サイト「知っておきたいこと」を公開した。インターネットを安全にするために知っておきたいポイントを4つのテーマで紹介。インターネット利用者にオンラインでやり取りされるデータについて理解を深めてもらうのが目的という。

 「オンラインの安全性」では強力なパスワードの設定方法や不正なソフトウェアを避ける方法など、「ウェブ上のデータ」ではCookieやIPアドレスが悪用される特徴、「Googleのデータ」では検索サービスなどで同社がどのようにデータを利用しているか、「データの管理」ではChromeブラウザのシークレットモードの利用やデータの安全な移動方法――などを、イラストを交えて解説する。

google517.jpg

 同社は「デジタルリテラシーがより重要となるなか、Googleは皆さんが安全にインターネット活用できる方法を知るために、お時間をさいてくださることを願っています」と公式ブログでコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆