ニュース
» 2012年05月21日 16時35分 UPDATE

米動画広告視聴回数、過去最高を記録――comScore調べ

プロバイダー別ユニーク視聴者数ではYouTubeを擁するGoogleがトップだったが、動画広告視聴回数ではHuluが2位のGoogleに大差を付けての1位だった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米国で4月に視聴されたオンライン動画の5本に1本は動画広告だった――。米調査会社のcomScoreは5月18日(現地時間)、4月の米国におけるオンライン動画視聴に関する調査結果を発表した。

 同月中、1億8100万人のユーザーが、合計370億本近いオンライン動画を視聴した。その2割に当たる約95億本が動画広告で、動画広告の視聴本数の記録が更新された。

 動画プロバイダーのユニーク視聴者数ランキングでは、YouTubeを持つ米Googleが1億5766万人で圧倒的なトップ。2位は米Yahoo!(5360万人)、3位が米VEVO(4948万人)、4位が米Facebook(4430万人)だった。

4月のユニーク視聴者ランキング(動画広告視聴を除く)
順位 プロバイダー名 ユニーク視聴者数(単位:千人) 再生本数(単位:千本) 1人当たりの再生分数(単位:分)
1 Google 157,663 17,022,226 434.8
2 Yahoo! 53,604 741,995 73.7
3 VEVO 49,479 674,183 57.9
4 Facebook 44,298 264,903 27.0
5 Microsoft 42,833 486,567 42.4
6 Viacom Digital 41,247 501,100 58.9
7 AOL 38,925 496,400 54.3
8 Amazon 30,168 104,581 17.4
9 Hulu 28,233 901,060 228.5
10 News Distribution Network 27,005 186,956 75.2
合計 180,785 36,848,001 1,307.7
ダウンロードとライブストリームを動画としてカウント(資料:comScore)

 動画広告の視聴回数ランキングでは、ユニーク視聴者数で9位の米Huluが1位のGoogleより多く、トップだった。Huluの動画広告視聴回数は1億5972万人で、Googleは1億3193人だった。ユーザー1人当たりの4月の視聴動画広告数は、2位のGoogle(YouTube)が17.7本であるのに対し、Huluは48.6本と倍以上だった(動画広告にはYouTubeに多いオーバーレイ広告やバナー広告は含まれない)。動画広告ランキングには、GoogleとHulu以外にはユニーク視聴者数ランキングの上位10社企業はランクインしていない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆