連載
» 2012年08月21日 08時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:残暑は肉で乗り切る

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[東谷彰子(タイムアウト東京),ITmedia]

 残暑厳しい1週間になるようですね。こう暑いと食欲もなくなりがちですが、食べずに夏を乗り切ることはできません。今週タイムアウト東京がオススメするのは、夏に食べたい肉を提供する2店です。

0821ushigoro.jpg

 まずは、8月22日にグランドオープンする「USHIGORO Bambina」。恵比寿南交差点近く、通りを一本入った路地に店を構えた焼肉店です。西麻布に本店を構える「焼肉うしごろ」がプロデュースする店で、「黒毛和牛とワイ ンをリーズナブルに!」をコンセプトに、フードメニューを500円から提供しています。

 安かろう悪かろうに反し、ハツを塩と胡麻油で和えた「ハツムンチ」や、サガリの部位 を使った「うしごろユッケ・塩」は鮮度抜群。焼き物には、「ミスジ」や「イチボ」「カメノコ」などの部位をはじめ、「マルチョウ」や「上 ミノ」などのホルモン系も揃っています。

 タイムアウト東京のフードエディターのオススメメニューは、脂の少ない赤身の「カメノコ」で、さっと表面を炙る程度の火入れで、肉の旨さがしっかり堪能できます。肉ばかり食べていてはいけません。途中で野菜も食べたいものですが、「パ クチーサラダ」や「トマトナムル」など、箸休めにちょうどいい野菜のおつまみも充実しています。種類豊富に揃うイタリアワインはいずれもボトル2,900円とリーズナブルで、肉好き・ワイン好きには嬉しい店のオープンです。

0821samsunne.jpg

 続いては、たくさんの焼肉店が集う新大久保から「サムスンネ」をご紹介します。新大久保駅から歩いて5分ほど、マンションの1階にある家族経営の韓国料理店です。合鴨を使った料理や、韓国の家庭料理の数々を楽しむことができます。とくにおすすめしたいのは「合鴨の塩焼き」。熱した鉄板で合鴨の胸肉を香ばしく焼き、酢漬けにしたダイコンで巻いて食べる一品です。

 口に入れると、パリッとしたダイコンの爽やかな 酸味と鴨の脂の風味が合わさり、なんともいえない味わい。この他、たっぷりのシュンギク、ネギ、リンゴ、ゆでたツブ貝を、コチュジャンベースの辛いタレで 和えた「つぶ貝和え物」や、体にじんわり染み渡っていく優しい味わいの「干し明太スープ」など、いずれも外れがありません。夜は予約してから行ったほうが安心なお店です。

 タイムアウトバジェット:「USHIGORO Bambina」ハツムンチ、パクチーサラダなど500円から、「サムスンネ」合鴨の塩焼きは1人前1,500円。

 「サムスンネ」では、合鴨を大根でまいて食べますが、野菜と一緒に食べると、食欲が落ちる時期でもぐっと食べやすくなります。夏バテ知らずでお過ごしください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 コンテンツ・ディレクター 東谷彰子

toya120.jpg

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界35都市に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

東京 | 料理 | 焼肉 | 夏バテ


Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆