連載
» 2012年09月04日 08時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:残暑の冷やしメニュー

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[東谷彰子(タイムアウト東京),ITmedia]

 9月に入りましたが、まだまだ暑さの厳しい日は続きそうです。そんな日は、冷やっと冷たいメニューをいただくのはどうでしょうか。今回タイムアウト東京がオススメするのは、冷やしグルメです。ラーメン業界では多く見らますが、実は、それ以外にも“冷やし”は存在します。から揚げ、お粥、コロッケ、ハンバーグ、カレー、カルボナーラなど、馴染みあるメニューも、冷やされるとまたカタチでの味わいが楽しめます。

0904syuri.jpg

 まず紹介したいのが、冷やし沖縄そばを提供する「首里製麺」です。1年を通し、沖縄すば(そば)を中心とした沖縄料理を提供していますが、冷やしメニューとして、いくつかの沖縄そばが用意されています。オススメは、店名にもなっているその名も“首里製麺”。長い時間、煮込んだスープはしっかりと冷やされており、その一部が氷になっています。コシのある太い麺に、たっぷりともずくが盛られ、ボリュームも十分です。つけあわせのラフテーもジューシーだがしつこくなく、味わい深いとなっています。30度を超える日にはまだまだ提供されますので、ぜひお試しください。

0904korokke.jpg

 続いて、冷やしコロッケ。提供するのは「マイ・マイファーム渋谷本店」で、購入するには、前日までの予約が必要です。ここのコロッケは、一見、普通のコロッケのように見えるが、冷やしておいしく食べるための工夫がしてあります。衣に米粉を使用しているため、余分な油がジャガイモに染みこまないようになっており、そのため衣も硬くサクッとした食感が味わえます。その後、スイートポテトのようなジャガイモの甘みが口の中に広がっていきます。前述したとおり、予約が必要ですので、お願いすれば冬でもオーダーが可能となっています。

 タイムアウトバジェット:冷やし首里製麺 950円、冷やしコロッケ 100円

 上記の2店舗以外にも、冷やしメニュー15選を特集しています。爽やかな季節の到来まで、暑さをしのいでいきましょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 コンテンツ・ディレクター 東谷彰子

toya120.jpg

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界35都市に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

東京 | 沖縄 | 予約


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆