連載
» 2012年10月10日 10時46分 UPDATE

ビジネスマンの悩み相談室:人間としての金メダルを目指せ (1/2)

人に勝つよりも「己に勝つ」。礼儀、人を敬う、敗者の気持ちが分かる。勝者にはそのような振る舞いが求められる。

[細川馨(ビジネスコーチ),ITmedia]

 ロンドンオリンピックが終了して早3カ月。史上最多のメダルを獲得し、大いに盛り上がったが、その後はどうしているだろうか。頑張って成果を残した人たちがその後どうなるのか――それは本人、そしてスポーツの場合はコーチや監督、ビジネスの現場ならマネジャー次第である。成果を残した人をその後どうモチベートしていくか、大きな課題となりつつある。今回はそのことについて話したい。

<事例>

ある食品メーカーの新規事業開拓部のF部長は上機嫌だった。前期売上目標を120%達成し、社内で大きく表彰されたのである。新しい年度が始まり、最初の会議でみんなが集まった。F部長:前期は頑張ってくれたね。みんなのおかげで、社内トップの成績をあげ、表彰された。ここで改めてお礼を言いたい。ありがとう。今期はこの勢いに乗って、売上目標を130%達成したいと思っている。できるだろうか。

Wさん:前期は目標達成のために、最後の3カ月、死にもの狂いに頑張りました。今年もやるんですか?!

D君:達成感がありましたが、僕も最後のほうは吐き気がしました。可能性があるところをしらみつぶしに回り、動いて動いて動きまくりました。門前払いも多く、かなり落ち込みもしました。去年は社内で1番になれると意気込んで頑張りましたが、今期もできるか、正直不安です。

Sさん:私も正直精神的にかなりまいりました。同じように頑張れるか、ちょっと心配です。

F部長:みんな、いったいどうしたんだ?!


燃え尽き症候群

 柔道の内柴選手を記憶しているだろうか。2004年のアテネ五輪、2008年の北京五輪で2つの男子66キロ級で金メダルを獲得した。しかし、皆さんもご存じのとおり、最近セクハラで訴えられた。なぜこのような事態になったのだろうか。

 金メダルというのは、人に勝ち、勝ち続けることで達成できるものである。しかし、人に勝つことだけを教えられると、そればかり考えることになる。わたしは、それよりも大切なことがあるのではないか、と考えている。

 それは、人に勝つよりも「己に勝つ」ことである。人間としての金メダルを目指すほうが大切ではないだろうか。礼儀、人を敬う、敗者の気持ちが分かる、そして、周りの人にいい影響を与える。勝者にはそのような振る舞いが求められる。

 話は変わるが、インサイダー取引などで大きな事件を引き起こした野村証券。リーマン・ブラザーズを買収し、グローバル競争に打ち勝つべく、売上を伸ばし、他の会社に勝つことだけを考えた。その結果として数字をかせぐために、いけないと思いつつも、インサイダー取引に手を染めた。野村証券は次のような経営理念を掲げている。はたしてこれを実践できていただろうか。大いに疑問だと言わざるを得ない。

創業以来貫く「お客様中心主義」の徹底により、世界中のお客様のためにワールド・クラスの品質のサービスを提供する。


 プロゴルファーの石川遼選手は、父親から「一流のプロゴルファーになる前に一流の人間になれ」と言われたそうだ。そして、例えばトイレで手を洗った後に必ず周りをふく、といった人間としての基本的なことを徹底的に学んだという。アマチュアゴルフではシングルというのはすごいと言われるが、「マナーのシングルになる」ことが大切なのではないか。

 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の日色保社長に以前お目に掛かった。ジョンソン・エンド・ジョンソンでは人事評価を以下のように行っているそうだ。

1、クレドの実践

2、人材の育成

3、業績

 ジョンソン・エンド・ジョンソンは、クレド(わが信条)で有名だが、その実践を何よりも評価するのである。それがしっかりと実践されていたら、自然と人も育成され、業績もついてくる、という考え方である。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆