連載
» 2012年11月08日 08時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:入社10年目の羅針盤 (1/2)

社会全体に閉塞感が漂うなか、自分の仕事に意義や楽しさを感じることが難しくなっている。上を目指すだけでは見えてこない、自分が自分らしく働くための思考法とは?

[岩瀬 大輔,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


121108book.jpg 入社10年目の羅針盤

 右肩上がりの時代なら、一流企業に就職し、順調に出世して、経済的にもゆとりのある暮らしを築くことが、共通した幸せの概念だったかもしれない。しかし人々の間で物質的な豊かさよりも精神的な豊かさが求められている昨今、若い人たちも、上を目指すだけでは自分の幸せにたどり着くことができないことに気づき始めている。よく「最近の若者は出世欲がない」などと言われるが、出世の先に自分の目的とする場所があるわけではないということを、感覚として分かっているからではないだろうか。

 ではどこに向かえば幸せになれるのかと問われれば、答えに窮する若者が多いのも事実だ。自分にとっての人生の目標が定まっていないから、どこに向かえばいいかのか分からない。それはつまり、自分の人生を楽しめていない、仕事を楽しめていないということにつながる。

 僕は今、全国各地から講演の依頼があり、多くの若手ビジネスパーソンに会う機会を得ているが、皆それぞれに悩みや不安を抱えているのだと思い知らされる。やりたいことが見つからない。やりたいことはあるが何かしらの障壁があってできない。漠然としたものから具体的なものまでさまざまだ。ひとつ言えるのは、「あと一歩」を踏み出せていない人が多いということ。「考え方を少しだけ、こう変えればいいのでは?」と思うことが多々ある。

 仕事を楽しむことにおいては誰にも負けないと自負している僕は、こうした人たちに向けて何かのきっかけづくりができないだろうかと思い、若手ビジネスパーソンが身につけておくべき仕事に対する考え方を「入社10年目の羅針盤」にまとめた。日常の細かい心がけから、人生における目標の設定方法まで、55の項目に分けて述べている。

 例えばこんな言葉を紹介している。

“ Tell me, what is your plan to do with your one wild and precious life? ”

(さあ、教えてください。一度しかないワイルドでかけがえのない人生をあなたはどう過ごすつもりですか?)

 社会人生活を一旦休み、ハーバード経営大学院に留学していた時のことだ。大学のカフェテリアの壁に貼られたこの言葉を見かけるたびに僕は「人生は一度しかないんだな」という当たり前のことを再確認させられた。そして眠る前にこの言葉を思い出し、自分の人生は何をもって幸せといえるのだろうか、と考ることがしばしばあった。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆