ニュース
» 2012年12月07日 20時41分 UPDATE

消費者が選ぶ今年の話題注目商品、1位は3年連続「スマホ」 Facebookやロボット掃除機も

電通総研がまとめた、消費者が選ぶ今年の話題注目商品は3年連続でスマホが1位に。Facebookやロボット掃除機も上位に。

[ITmedia]

 電通総研は12月7日、消費者が選ぶ今年の話題注目商品ランキングを発表した。1位は「スマートフォン」で3年連続。3位には「Facebookなどの実名登録制SNS」、4位には「ロボット掃除機」が大きくランクアップしてトップ10入り。「順位の入れ替わりが大きく。初めてベスト20入りした商品も多くあり、時代が動き出した印象の強い1年となった」という。

 事前調査で抽出した55の商品・サービスについて、全国の20〜69歳の男女を対象に11月中旬にネットでアンケート調査。「認知度」「関心度」「話題度」から回答を得て集計した。

 ランキング上位に共通するのは「全国区であること」「支持層の幅が広いこと」に加え、日本や地域を「元気」にしてくれたもの(東京スカイツリー、地方ゆるキャラ、ロンドンオリンピックなど)、「明るさ」を振りまいてくれたもの(スギちゃん、AKBなどの女性アイドルグループなど)、「新しい価値」が感じられるもの(ロボット掃除機、塩麹、ノンアルコールビール、第三のエコカーなど)──が挙げられるという。

順位 商品・サービス 前年順位
1 スマートフォン 1
2 東京スカイツリー 3
3 Facebookなどの実名登録制SNS 27
4 ロボット掃除機 21
5 塩麹 127
6 スギちゃん 未調査
7 地方ゆるキャラ 未調査
8 AKB48などの女性アイドルグループ 5
9 ロンドンオリンピック 未調査
10 格安航空会社(LCC) 39
11 iPS細胞(山中教授) 未調査
12 健康企業や栄養大学などの健康レシピ本 未調査
13 ノンアルコールビール 29
14 東京駅 未調査
15 きゃりーぱみゅぱみゅ 未調査
16 海外で活躍する日本人スポーツ選手 未調査
17 生麺タイプのインスタント袋麺 未調査
18 シェアハウス 未調査
19 第三のエコカー 未調査
20 業種を超えた企業コラボのプロモーション 未調査

 2012年は「デフレ傾向・低価格志向が弱まり始めたものの、“抑えの効いた贅沢感”を経験した年」とまとめ、13年は「自分新記録」というキーワードで予想。レジャーや趣味への支出が増えてきており、「スマホデビュー、エコカーデビュー、ロボット掃除機デビュー、1人カラオケデビューなど、自分にとって未知のフロンティアのテープを切って『自分新記録』を出す人が続々と現れることが予想される」という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆