連載
» 2013年01月22日 08時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:ボルシチで寒さを吹き飛ばす

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[東谷彰子(タイムアウト東京),ITmedia]

 都内でも、天気予報に雪のマークがつく今日この頃ですが、風邪などひいていらないでしょうか。今回タイムアウト東京がオススメしたいのは、真冬は極寒となるロシアの定番料理、ボルシチです。鮮やかな赤い色、特有の甘みと根菜ならではの食感が楽しめる、ビーツを素材にする赤いスープに、スメタナと呼ばれるロシアのサワークリームを添えたスープで、からだを芯から温めることができる一品です。都内にもボルシチを提供するお店は色々ありますが、老舗の味をお楽しみください。

0121bon.jpg

 まずは、1958年(昭和33年)から続く、恵比寿にある老舗洋食屋「キッチン・ボン」を紹介します。美空ひばりが愛したお店として知られていますが、1番のオススメがボルシチです。具材が良く煮込まれており、食感を味わえるのは牛肉とじゃがいものみ。さらりとしたスープは、にんにくがかなり効いていますが、これに添えられた生クリームを好みで溶かすことで、絶妙なまろやかさが生まれます。十分な量があるが、足りない気がしたなら、黒パンをオーダーするとよいでしょう。

0121samowa.jpg

 続いて、三宿にあります「サモワー」を紹介します。2007年に渋谷の円山町から三宿に移転オープンした1950年創業の老舗です。オーナーのセンスが光る、洒落た店内で味わえるのが、牛肉が入った「ウクライナ風ボルシチー」。スープはかなりあっさりとしていて、煮込まれた野菜そのものの味が口に広がります。豆がごろごろと入っているのも特徴的で、品がありながらも、どこか懐かしい家庭的なボルシチには、常連のファンも多くいます。

 ボルシチのほかにももう少し食べたいという方は、サクサクのパイ生地に挽き肉、玉ねぎ、刻んだゆで卵が詰まった「ピロシキ」をぜひ。ロシアビールの「バルティカ」やグルジアワインとともに味えば、寒さも吹き飛ぶでしょう。洒落た可愛らしい店なので、女性にもオススメです。

 タイムアウトバジェット:「キッチン・ボン」のボルシチ1470円、「サモワール」のウクライナ風ボルシチー1000円

 紹介した老舗のほかにも「東京、ボルシチ10選」では、ミネストローネにも似たような日本人に馴染みのある味のボルシチもリストアップしています。ぜひ、合わせてお楽しみください。お出かけの際は、温かくしてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 コンテンツ・ディレクター 東谷彰子

toya120.jpg

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界35都市に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆