連載
» 2013年03月05日 08時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:浅草橋で美味しいものに出会う

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[東谷彰子(タイムアウト東京),ITmedia]
ippinkai.jpg

 下町の人気観光スポットといえば、浅草です。日本国内に限らず、世界中から観光客が訪れる街ですが、今日ご紹介したいのは、その浅草からほど近く、地名も似通っているものの、いまひとつ認知度の低い街「浅草橋」です。

 歴史的に見れば、神田川の河口から隅田川をのぼり、吉原へと繰り出す船遊びの要となる船宿や料亭、気っ風の良さで知られた柳橋芸者を抱える花街として栄えたエリアでもあります。かつての印象は薄れてきたものの、まだまだ下町らしい風情がところどころ残っている浅草橋。

 ここでは、花柳界の名残を残す名店を3軒紹介したいと思います

 政財界や演劇界などに多くのファンを持つ、浅草橋駅近くにある「逸品会では、品のいい和菓子や煎餅が楽しめます。中でもちょっとしたお土産に喜ばれるのが、20種以上のさまざまな野菜チップスと煎餅が吹き寄せのように詰められた「宴の華」。

komatuya.jpg

 柳橋のたもとに店を構える「柳ばし 小松屋」は、風情ある佇まいの佃煮専門店です。「糸切昆布」や「一と口あなご」など、江戸前の佃煮はご飯のお供やお酒のアテにオススメです。冬の時期限定の「牡蠣佃煮」は、お茶漬けに最高の味。

 とんかつ専門店の「百万石」は、とんかつの美味しさもさることながら、一品料理が充実している小料理屋です。渓流釣りが趣味というご主人と気さくなお内儀さんとのおしゃべりも楽しい、下町らしい素敵な店で、往事の花柳界を忍ばせる座敷や茶室、坪庭など、落ち着いた雰囲気でゆっくり食事が楽しめます。

hyakuman.jpg

 タイムアウトバジェット:逸品会「宴の華」3,150円、柳ばし小松屋「佃煮詰め合わせ」1260円、百万石(昼800円〜、夜3500円〜)

 浅草橋には他にもまだまだ魅力的な店がたくさんあります。油の専門店や、池波正太郎がかつて通ったという洋食店など、全部で15軒のお店を紹介した記事は「浅草橋、ご近所ガイド」をどうぞご参照ください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 コンテンツ・ディレクター 東谷彰子

toya120.jpg

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界35都市に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

東京 | 下町 | おやつ/お菓子 | 観光


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆