ニュース
» 2013年04月16日 10時25分 UPDATE

2012年の報酬トップ5中4人はApple幹部(クックCEOを除く)──Bloomberg調べ

S&P 500社の幹部報酬ランキングで、1位のOracleのラリー・エリソンCEOに続く4人はすべてAppleの幹部だった。ただし、昨年トップだったティム・クックCEOはランク外だった。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 apple

 米Bloombergは4月15日(現地時間)、Standard & Poor'sの500社(S&P 500)の2012年の年次報告書に基づいてまとめた2012年の企業幹部の報酬ランキングを発表した。トップは9620万ドルの米Oracleのラリー・エリソンCEOで、それに続くのは企業のCEOではなく、ボブ・マンスフィールド上級副社長(8550万ドル)をはじめとする米Appleの幹部4人だった。

 マンスフィールド氏に続くのは、Appleの法律顧問を務めるブルース・シーウェル氏、業務執行担当上級副社長のジェフリー・ウィリアムズ氏、ピーター・オッペンハイマーCFO(最高財務責任者)。同社のティム・クックCEO(417万ドル)はランク外だった。故スティーブ・ジョブズ氏の後継としてCEOに就任した2011年の同氏の報酬(主に株式)は3億7800万ドルでS&P 500のトップだった。

 なお、このランキングは企業が公開したデータに基づくため、Appleが報酬を公表していないワールドワイドマーケティング担当上級副社長のフィル・シラー氏やインターネットソフトウェア&サービス担当上級副社長のエディ・キュー氏は含まれていない。

 マンスフィールド氏は、2012年6月にAppleからの退社を表明したが、8月にはクックCEO直属のテクノロジー担当上級副社長となった。

 apple 2 Appleの年次報告書より

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆