ニュース
» 2013年04月16日 10時25分 UPDATE

2012年の報酬トップ5中4人はApple幹部(クックCEOを除く)──Bloomberg調べ

S&P 500社の幹部報酬ランキングで、1位のOracleのラリー・エリソンCEOに続く4人はすべてAppleの幹部だった。ただし、昨年トップだったティム・クックCEOはランク外だった。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 apple

 米Bloombergは4月15日(現地時間)、Standard & Poor'sの500社(S&P 500)の2012年の年次報告書に基づいてまとめた2012年の企業幹部の報酬ランキングを発表した。トップは9620万ドルの米Oracleのラリー・エリソンCEOで、それに続くのは企業のCEOではなく、ボブ・マンスフィールド上級副社長(8550万ドル)をはじめとする米Appleの幹部4人だった。

 マンスフィールド氏に続くのは、Appleの法律顧問を務めるブルース・シーウェル氏、業務執行担当上級副社長のジェフリー・ウィリアムズ氏、ピーター・オッペンハイマーCFO(最高財務責任者)。同社のティム・クックCEO(417万ドル)はランク外だった。故スティーブ・ジョブズ氏の後継としてCEOに就任した2011年の同氏の報酬(主に株式)は3億7800万ドルでS&P 500のトップだった。

 なお、このランキングは企業が公開したデータに基づくため、Appleが報酬を公表していないワールドワイドマーケティング担当上級副社長のフィル・シラー氏やインターネットソフトウェア&サービス担当上級副社長のエディ・キュー氏は含まれていない。

 マンスフィールド氏は、2012年6月にAppleからの退社を表明したが、8月にはクックCEO直属のテクノロジー担当上級副社長となった。

 apple 2 Appleの年次報告書より

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆