連載
» 2013年06月28日 08時00分 UPDATE

グローバル時代を生き抜くスマートリーダー術:学び続ける組織を作る (1/2)

常に学び続け、進化し続ける。小さなことからスタートし、仮説を立て、検証しながら進め、ときに方向転換したり、修正する。どうしたらこのように学べる組織を作れるでしょうか。

[林正愛(アマプロ),ITmedia]

 テクノロジーの進化により、あらゆる情報がすごいスピードで共有され、凄まじいスピードで世の中が変化しています。その中で必要なのはどのような組織でしょうか。それは、常に学び続けられる組織だと考えます。

学び続ける組織

 過去の経験はある指針にはなります。しかしその経験をそのまま今に生かすことはできません。これだけ変化のスピードが速いと、その経験をアレンジし、状況に応じて適用していくことが求められます。常に学び続け、進化し続ける必要があります。そして、よく言われることですが、小さなことからスタートし、仮説を立て、検証しながら進め、ときに方向転換したり、修正することが大切になっています。どうしたらこのように学べる組織を作れるでしょうか。

少し前になりますが、ニューヨークタイムズでThomas Friedman氏が、"It's 401K World"(401Kの世界、4月30日)という記事で次のように書いています。

われわれは、「Connected World」から「Hyperconncted world」に移行した。わたしはFacebook、Twitter、4G、iPhones、iPads、ハイスピードブロードバンド、ワイアレスインターネット、スマートフォン、クラウド、ビッグデータ、携帯アプリ、スカイプにいつも魅せられているが、10数年前に『フラット化する世界』を書いたときには存在せず、それらは生まれたばかりだった。その後にそれらすべてがやってきて、つながりと創造性をもたらすこれらのツールを組み合わせることで、グローバルな教育、ビジネス、コミュニケーション、イノベーションのプラットフォームが生まれ、より多くの人がより多くの人といっしょに何かを始め、何かを学び、何かを作る(何かを壊す)ことができるようになった。

エキサイティングなのは、このプラットフォームによって、個人が学びにアクセスし、ビジネスに従事し、仕事を見つけたり広告を載せたり、クラウドソースの資源を創造し、投資することが、すべてオンラインで可能になったことである。これらすべてを個人でできるということの拡張は、とても大きな変化をもたらした:多くのことがあなたにかかっている。

モチベーションがとても高い人にとっては、この世界はぴったり。境界はすべてなくなった。ただモチベーションがない人にとっては、この世界は大きなチャレンジとなる。なぜなら人々を守ってきた壁や天井、床がなくなりつつあるから。

 つながった世界では、知識を得ることはとても簡単になります。ただし、得た知識はすぐに陳腐化し、使えなくなります。常にモチベーションを持ち続け、学び続ける必要があります。トーマス・フリードマン氏はこれが個人に当てはまると書いていますが、組織にとっても当てはまるものです。いや、個人の学ぶ意欲を促進するとともに、個人の知、学んだことを組織が共有し、学ぶ組織を作っていかなくてはなりません。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆