連載
» 2014年03月25日 08時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:かつ丼の新たな一面に驚く

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[東谷彰子(タイムアウト東京),ITmedia]

 関東でかつ丼と言えば、かつを割り下で味付けし卵でとじたものを指しますが、地域によって、ソース、タレ、デミグラスソースなど、さまざまです。諸説ありますが、かつ丼のはじまりは、大正時代早稲田の定食屋で、ウスターソースをかけたかつを丼にしたものと言われています。今回は、ご当地メニューとして人気のかつ丼から全くオリジナルなものまで「東京では」変り種の美味しいかつ丼を紹介します。

bushin.jpg

 代々木上原にあるスタイリッシュなとんかつ専門店、とんかつ武信では、醤油味のかつ丼が味わえます。かつは柔らかい肉質のSPF豚を米油で揚げていて、軽い食感でたれにくく、かつの上には大根おろし、かつお節、海苔、ねぎ、下には大葉と薬味がたっぷり。甘めの醤油ダレとのバランスが絶妙です。

roman.jpg

 駒沢にある、公園通りの洋食屋 ROMANでは、14時までのランチタイム限定で岡山発祥の「デミカツ丼」が食べられます。千切りのキャベツとかつの上には特製のバターが効いたデミグラスソースがたっぷりかけられていて、牛肉の旨味が凝縮された濃厚な味わいは洋食屋ならでは。大学が近いからか、リーズナブルながら、ボリュームがあるのも嬉しいところです。

zuityou.jpg

 渋谷にあるカウンターのみの小さな店、かつどん屋 瑞兆の唯一のメニュー「かつ丼」は、卵を使用しているものの、卵でとじるのではなく、薄焼き卵の上にたれにくぐらせたかつをのせたユニークなもの。天丼のような少し甘めのたれ、薄めの衣をまとった柔らかいかつ、固めに仕上げた半熟卵が三位一体となり、なんともくせになる味わいです。開店から日が浅いにも関わらず多くのリピーターを生んでいるのも納得の一品。

 このほかにも、吉祥寺や目黒、人形町など、東京都内で味わえる「変わり種」のかつ丼を紹介しています。どうぞご一読下さい。

著者プロフィール:タイムアウト東京 コンテンツ・ディレクター 東谷彰子

toya120.jpg

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界35都市に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆