連載
» 2014年03月27日 08時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:成功の仕組みを借りて、自分の「ビジネスモデル」を作ろう (1/2)

企業が利益を上げるために他社との差別化をはかるように、これからは個人にも必要になる。人材のコモディティ化から抜け出すためには。

[細谷功、井上和幸、西本伸行,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」のバックナンバーへ。


140327book.jpg ビジネスモデル×仕事術 成功する人は仕組みを借りてくる

 今、われわれの働き方や仕事に関する考え方が大きな曲がり角を迎えています。かつての「大企業に入ってしまえば一生安泰」という考え方は過去のものになりました。

 MITの研究者の共著による『機械との競争』(エリク・ブリニョルフソン、アンドリュー・マカフィー共著 村井章子翻訳 日経BP社)の中で、今後は機械が人間の雇用を奪い続け、いずれ残る職業は高度な知的作業と肉体労働だけになるだろうという大胆な予測があります。今後、人間はなんらかの形で人間でしかできない付加価値の高い仕事にシフトしていくことが求められます。

 企業の製品戦略を考える上で「コモディティ化」という言葉があります。

 製品がどこでも作れるような大差のない陳腐なもの(コモディティ)になっていくと、後は泥沼の価格競争に突入していくので、なんとかして企業としては「脱コモディティ化」を志向して自社を差別化するように頭をひねるのです。

 そこで出てくるのが「ビジネスモデル」です。簡単に言うと「企業が利益を上げる仕組み」のことを指します。

 このビジネスモデルは、個人でも使えます。誰でもできる仕事から、自らの個性や長所を生かして他社との特別な関係性を築ければ、自分にしかできないやりがいのある働き方を見つけることもできるということです。

 人材がコモディティ化の方向を進みはじめた今、こうしたビジネスモデルの考え方を個人のキャリアプランや仕事の仕方に当てはめれば「稼ぎ続ける個人」のヒントが得られるのではないかというのが『ビジネスモデル×仕事術 成功する人は仕組みを借りてくる』(細谷功、井上和幸、西本伸行共著 日本実業出版社刊)のベースにある考え方です。

なぜ、ビジネスモデルが大事なのか

 近年、個別の製品やサービスでは差別化がしにくい競争環境になっています。

 そこで、企業は商品単体ではなく、顧客や関係者とのつながり方や利益を上げる仕組みを工夫することで、稼ぎ続けられるようにしようとしています。それが、「ビジネスモデルを工夫する」ということです。

 そこでてっとり早いのが、他の仕組みから「借りてくる」という考え方です。

 例えばあなたが、「新聞」のビジネスを参考に、ネットビジネスをはじめたいと考えているとします。まず、自分で取材した題材を記事にしてネット上でニュースとして公開するというビジネスがあります。新聞という商品を参考にするのであれば、リアルでやっている新聞のビジネスをネットで行なうことになるのは当然の結果です。では、もう一歩踏み込んで、新聞のビジネスモデルだけを借りてくるとどうでしょうか。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆