連載
» 2014年06月17日 08時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:ブラジル気分に浸る

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[東谷彰子(タイムアウト東京),ITmedia]

 現在、ブラジルで開催中の2014FIFAワールドカップ。4年に1度の大会期間中、街はサッカー一色で沸き立っています。遠くブラジルまで観戦しに行くことはなかなか難しいですが、サンバのダンススタジオから、シュラスコ専門店、ブラジルの移動販売車まで、東京には身近にブラジルを感じることのできるスポットが存在します。

mund.jpg

 五反田にある「ムンド ラティーノ」は、コロンビア人のオーナーがコロンビア、チリ、ブラジル、ペルーなど、南米の国々からの仕入れた輸入食品がずらり。フルーツと野菜のコーナーにはオオバコや黄色いアンデスポテト、冷凍食品のコーナーにはケソ フレスコ(チーズ)やドゥル セデ レチェ(菓子)が並んでいます。そのほか、フルーツのピューレもあり、自宅でもトロピカルなカクテルが楽しめそうです。

rio.jpg

 2014年春に六本木にオープンした「リオ グランデ グリル 六本木」は、ブラジリアンバーベキュー料理、シュラスコの専門店です。鉄串に刺し通した肉を専用のオーブンでじっくり焼いたブラジルのバーベキュー料理シュラスコがテーブルまで運ばれ、目の前で切り分けてくれる本格スタイル。サンバなどのブラジリアンショーも開催し、本場の空気を肌で感じられる、情熱的な空間を楽しむことができます。

aparecida.jpg

 西荻窪には、ブラジルをキーワードにしたコミュニティ・スペースが存在します。「Aparecida」では、毎晩のようにポルトガル語の授業やワークショップなどのイベントが開催されており、ブラジル人やブラジルに興味のある人のハブとして賑わっています。ブラジルの国民酒といわれるカシャーサやガラナ、トロピカルジュースが豊富に揃い、フェイジョアーダやリングイッサなどの本格的なブラジル料理も提供。中古CDやレコード、ブラジル関連書籍なども販売されているので、是非チェックしてみて下さい。

 この他にも「東京、ブラジル10選」では、都内各所のブラジリアンスポットを紹介しています。東京にいながらブラジルを堪能してみてはいかがでしょうか。

著者プロフィール:タイムアウト東京 コンテンツ・ディレクター 東谷彰子

toya120.jpg

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界35都市に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆