連載
» 2014年07月17日 08時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:「三菱商事の鈴木です」と言う自己紹介は世界標準ではありません!──グローバルに活躍する技術 (1/2)

「belong to」から「I am」スタイルへ。世界標準のコミュニケーションを知っていれば、世界で通用するビジネスパーソンに大きく近づく。

[山中 俊之,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」のバックナンバーへ。


 ビジネスの現場で、「三菱商事の鈴木です」のような自己紹介をしていないでしょうか。三菱商事は学生人気ナンバーワンの超優良大企業であるから取り上げました。決して三菱商事に悪意はあるわけではありません(三菱商事の皆さん勝手に使用して申し訳ありません、特に鈴木さん!)。

140717book.jpg 日本人の9割は正しい自己紹介を知らない――世界標準の仕事プロトコールの教科書

 このような会社名から入る自己紹介は日本国内では一般的なのですが、海外であれば実は×なのです。文法的に問題があるわけではありません。海外でも自己紹介の際に会社名を言うこと自体はよくあることです。

 問題は、自分の所属をまず言うことは個人・個性を大事にする世界標準のプロトコールと食い違いうという点です。プロトコルとは聞きなれない言葉ですが、コミュニケーション上のルールといった意味です。

 まず会社名を言うことを、「〜に属しています」の英訳から「belong to」スタイルと呼んでいます。

 一方、M&A専門の金融マン、システムエンジニア、○○の営業パーソンといった何者であるかがまずくるような言い方を、「私は〜である」の英訳から「I am」スタイルと呼んでいます。

 世界標準の「I am」スタイルのプロトコールでは、

 「わたしは鈴木健二です。健二と呼んでください。中東やアフリカでの資源開発を長く担当して資源・エネルギーのプロです。あっ会社名ですか? 会社は三菱商事です」

 が正しい自己紹介です。

 「belong to」スタイルから「I am」スタイルに変えることは、世界標準のコミュニケーションプロトコールのひとつです。さほど難しいことではありません。世界標準のプロトコールを知っていれば、世界で通用するビジネスパーソンに大きく近づくのです。

 この点は、日本企業社会が専門性を軽視したサラリーマン社会であることと無縁ではありません。実は、日本人の働き方とも密接に結び付いた大変に根深い問題なのです。

 よく言われる通り、日本人のビジネスパーソンは就職意識よりも就社意識が強いのです。そのため、「自らの専門性を高め、市場価値を高めよう」と思う代わりに、「社内でうまく立ち回ろう」となるのです。このような思考は、現在のグローバル競争が進むビジネス社会では致命的です。

 会社名や所属は名刺を渡せば済むのです。そんなことは後回しにして(あるいはごく短時間話すことにして)職務内容や専門性の話をしましょう。

 自己紹介においては、自分の専門性を効果的に表現することが極めて重要です。ビジネスでは何と言っても、「自分は○○の専門性があるのであなたに△△の分野において貢献できます」という点をうまくPRするがその後の業績に大きく影響します。

 例えば、

  • 新規プロジェクトを立ち上げて、5 億円の利益を出した
  • ○○研究所で△△について研究して、学会で発表した

などは、どんどんPRして良い内容だと思います。

 海外では会社人間ではなく、

  • 自分が何者であるか
  • 何の専門家であるか

を一言で表現することが大事だと思います。

 以下の英語表現を是非とも参考にしてください。

  • I am a trainer for business executives and own my company.

(わたしはビジネスエグゼクティブのトレーナーであり、自分で会社を持っています)

  • I am a financial expert and frequently contribute to financial magazines.

(わたしはファイナンスの専門家で経済雑誌に頻繁に寄稿しています)

  • I am a semi-conductor engineer and also hold a PhD.

(わたしは半導体のエンジニアで博士号ももっています)

  • I am an automobile salesperson and ranked first in sales last year in Japan.

(わたしは自動車の販売員で昨年日本で売り上げ1位になりました。)

  • I am a married mother of two children, and have recently created an e-commerce website on which I plan to offer miscellaneous goods from overseas in the future.

(わたしは2人の子供がいる主婦ですが、最近ネット販売のサイトを作り今後海外からの雑貨品を扱う予定です。)


       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆