連載
» 2014年07月22日 08時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:極上プリンを食べ比べる

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[五十嵐淳(タイムアウト東京),ITmedia]

 プリンの話となると避けて通れないのが、たっぷりの卵でかために仕上げた「しっかりタイプ」とクリームのような「なめらかタイプ」、どちらが美味しいかという議論です。コンビニのデザートコーナーを見れば「なめらか」が圧倒的優位に立っているように思えますが、昔懐かしながらの「しっかり」を推す声も多く聞こえてきます。いずれにせよ、美味しいプリンというのはどちらのファンも納得させるだけの力を持っているものです。ここでは、タイムアウト東京一押しのプリンを紹介します。

makahara.jpg

 中目黒の「うれしいプリン屋さんマハカラ」では、兵庫県産「日本一こだわり卵」を使用しています。「うれしいプリン」(370円)は鮮やかなオレンジ色の黄身をたっぷり使用しており、プリンもオレンジががかった色。もちろん味も濃厚で黄身の旨みをぎゅっと濃縮したような贅沢な味わいです。卵好きならば必ず押さえておきたい一品ですね。

retorudam.jpg

 「レトルダムール グランメゾン白金」の「白金プリン・ナチュール」(420円)に使用されるのは牛乳、生クリーム、卵、砂糖と厳選した4つの素材のみ。プリンは47%という群馬県東毛酪農の濃い生クリームを使用することで、脂肪分の比重により2層に分かれています。卵と生クリームの濃密な味わいのなめらかな上の層、牛乳のさっぱりとした味わいが爽やかな下の層、さらに上にのったたっぷりのクリームの3層が、食べすすめるごとに混ざりあい、贅沢な気分になれる逸品です。

tesuta.jpg

 浅草にある「テスタロッサカフェ」の看板商品「浅草シルクプリン」(380円)は、スチームコンべクションオーブンを利用し、温度を1℃単位で調節することで、商品名通り、シルクのようなぷるんとした食感が実現されています。北海道産の生クリーム、あとから茨城県産奥久慈卵を使用しており、はじめはミルクの風味が広がるが、あとから卵のこくが感じられるのが特徴。浅草の風景を描いた瓶も可愛らしいです。

 この他、「東京、プリン15選」では、東京で味わえる15のプリンをピックアップ。一店舗で「なめらか」「しっかり」の両方を置いているところも多いので、食べ比べて見るのも楽しいのではないのでしょうか。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集 五十嵐淳

jun120.jpg

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界35都市に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆