ニュース
» 2014年07月23日 08時05分 UPDATE

Apple、iPhoneとMacが好調でQ3として過去最高の売り上げ

iPhoneとMacは2桁台の伸びだったが、iPadの販売台数は前年同期より9%減少した。ティム・クックCEOは、IBMとの提携により、iPadのビジネス市場でのシェアも拡大すると語った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleが7月22日(現地時間)に発表した2014年第3四半期(4〜6月)決算は、売上高は前年同期比6%増の374億3200万ドル、純利益は12%増の77億4800万ドル(1株当たり1.28ドル)だった。アナリスト予測は売上高が380億ドル、1株当たり純利益が1.23ドルだった。

 粗利益率は39.4%で前年同期の36.9%を上回った。

 次期iPhoneが発売されるとみられる第4四半期(7〜9月)の予測は、売上高は370億〜400億ドル、粗利益率は37〜38%とした。アナリストの売上高予測は404億ドルとなっている。

 ティム・クックCEOは発表文で「iOS 8とOS X Yosemiteのリリースを大変楽しみにしている。また、それ以外の新製品とサービスの紹介を待ちきれない」と語った。「iPhone 6」と呼ばれる次期iPhoneについては、4.7インチと5.5インチの2モデルで、年末までに合わせて7000〜8000万台生産されると米Wall Street Journalが報じている

 製品別の売上高および販売台数は以下の通り。iPhoneとMacの販売台数は前年同期より2桁台の増加だったが、iPadは前期に続いて販売台数が減少した。

 apple 1

 業績発表後の電話会見でルカ・マエストリCFO(最高財務責任者)は、iPadを世界の教育機関に1300万台販売したと語り、特に中東での販売が拡大しているとした。

 クックCEOは、米国のビジネス市場におけるiPadのシェアはわずかに20%で、IBMとの提携の目的の1つはこのシェア拡大だと語った。同氏はこの提携について、競合しない両社の提携はお互いとユーザーに大きなメリットをもたらすとし、ビジネスにおけるモバイルの可能性は膨大だと語った。

 質疑応答でBeatsの買収やIBMとの提携のようなAppleらしくない取引を今後も続けるのかという質問に対し、クック氏は、常に買収の機会を検討していると答えた。Beatsの買収で素晴らしいサブスクリプションサービス、優秀な才能、急成長する高級ヘッドフォン事業を獲得したと主張し、IBMとの提携もBeatsの買収と同じくらい「素晴らしい結婚」だと語った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆