連載
» 2014年07月29日 08時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:かき氷に熱くなる

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[五十嵐淳(タイムアウト東京),ITmedia]

 日本の夏に欠かせないかき氷。例年の猛暑に伴って、続々新店がオープンするなど、ここ数年の人気ぶりには目を見張るものがあります。素材にこだわった自家製のシロップや、日本に5軒しかない、天然氷の蔵元から仕入れた氷などを使用した「グルメかき氷」を提供する店の前には、連日長い列ができています。今年に入ってからもかき氷専門店のオープンが相次いでおり、その多くが一年中営業するというのだから驚きです。ここでは、そんな最新のかき氷スポットを中心に、期間限定の店舗を含む注目の10軒を紹介します。

 今年、巣鴨にオープンした「かき氷工房 雪菓」は、日光の名店、松月氷室の天然氷を使用した、こだわりのかき氷を提供しています。一番人気の「いちごミルク」(800円)は、氷の食感を残すため5層構造になっており、ごろごろと入っている苺の果実の酸味が、甘さを引き立てます。そのほか「安納芋」(700円)や、糸をひく「納豆きなこ」(800円)など変わり種も。また、天然氷以外に、氷自体に味がついているミルク氷とよばれる台湾式のものも用意されているので、是非試してみて下さい。

yukiusagi.jpg

 松月氷室の氷を使用している桜新町にある「雪うさぎ」には、趣向を凝らしたユニークなメニューが多数。夏に食べられる限定20食の『ウォーターメロン』(850円)は、くり抜いた小玉スイカを器にした見た目にも楽しい一品です。上には、少しだけ熱を加えコンポート状にしたスイカとシロップがのり、中にはカットされた甘みの強い大玉スイカがたっぷり。スイカ用のスプーンに、塩までついてきて、食べ方までスイカそのものです。

yelo.jpg

 六本木にオープンした「yelo」は、バーのような大人な雰囲気のお店。かき氷はすべて、自家製の特製ミルクソースがベースになっており、有機にんじん、アボカドなど野菜のメニューもあり個性的。「ティラミス」(800円)は、マスカルポーネ仕立ての氷に、ココアパウダーがかかり、濃厚なのにさっぱりした不思議な一品です。本物のティラミスに近づけたければ、プラス100円で、マスカルポーネソースを追加することも可能。早朝まで営業しているので、呑んだ後のデザートにもいいですね。

yukika.jpg

 このほかにも、タイムアウト東京のコンテンツ「東京、注目かき氷10選」では、銀座や原宿などにある今注目のかき氷店を紹介しています。これからの季節はどのお店も混雑が予想されるので、涼をもとめていたはずが熱中症に……なんてことにならないようくれぐれも気をつけてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集 五十嵐淳

jun120.jpg

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界35都市に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

かき氷 | 東京 | 天然 | 人気 | 熱中症


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆