ニュース
» 2014年09月05日 14時55分 UPDATE

Facebook、“うっかり全員に公開”防止機能の提供を開始

Facebookが5月に発表した「共有範囲を確認」機能がようやく全ユーザーに向けてローリングアウトし始めた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは9月4日(現地時間)、5月に予告していた「共有範囲を確認」機能の提供を開始した。同日より全ユーザーに“ローリングアウト”していく。まずはPCでの投稿でのみ提供する。

 facebook 「共有範囲を確認」のステップ1

 同社は5月、投稿の公開範囲の初期設定を従来の「公開」から「友達」に変更した。共有機能を確認する機能は、その段階からテストが始まっていた。Facebookは5月の発表文で「友達とだけ共有しようと思ったことをうっかり全ユーザーと共有してしまうことの方が、逆の間違えよりもダメージが非常に大きいことに気づいた」と説明している。

 この機能が使えるようになったユーザーの画面には、以下のようなポップアップが表示される。

 facebook 2 (これは英語版)

 また、Facebook画面の右上にある錠前のアイコンをクリックすると、メニューのトップに「共有範囲を確認」という項目が表示されるようになり、ここで何度でも設定を変更できる。

 facebook 3

 操作は3ステップになっており、各ステップで一般の投稿の公開範囲、連係アプリの公開範囲、プロフィールの公開範囲をそれぞれ設定する。Facebookページを持っているユーザーは、ページの設定もここから変更できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆