連載
» 2014年09月16日 10時35分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:立石を楽しみ尽くす

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[五十嵐淳(タイムアウト東京),ITmedia]

 葛飾区にある風情溢れる下町・立石は、知る人ぞ知る飲ん兵衛の聖地。モツ焼きを中心に、寿司、おでん、餃子、焼き肉などが驚きの旨さと価格で味わえます。昼から飲む人、夕方から飲む人、食休みスポットや、〆にふさわしい店など、今回は立石の魅力を紹介します。

sakae.jpg

 立石を楽しむなら、昼すぎから飲み始めるのがベスト。休日に昼から飲むのも良いが、平日忙しく働く人々を横目にビールを煽るのが最高です。老舗の立ち食い寿司店「栄寿司」は、握りが110円から注文でき、どのネタも新鮮かつ肉厚。味も値段も驚きのパフォーマンスです。週末ともなれば行列ができる人気店なので、ネタが切れない早めの時間帯に訪れるのがおすすめです。

rumieru.jpg

 お次は立石でひと休みするのに最適なスポット「ルミエール」。地元の純喫茶でレトロな雰囲気の喫茶店です。店内には植物が溢れ、南国らしい内装。店先には、年期の入った食品サンプルが飾られ、店内も大きな電話ボックスをはじめ、昭和の香りが色濃く残されています。また、コーヒー1杯380円からと、価格も魅力的。地元の常連客に混じり気ままに過ごすのもオツです。

kenken.jpg

 最後は〆にふさわしい一軒、粥が美味しいラーメン屋「けんけん」。ラーメンもどこか懐かしさを感じるシンプルなもので美味しいですが、ここに来たら是非お粥も試してみてください。熱々の粥はホタテのダシがしっかりと効いていて、優しいホタテ味が飲みの〆にぴったりです。

 この他にも、「立石飲み歩き 14選」では、立石を楽しみ尽くすことのできるヴェニューを14件紹介しています。3軒はしごして1人5000円以内ということも稀ではない、チープでディープな立石を散策に出掛けてみてはいかがでしょうか。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集 五十嵐淳

jun120.jpg

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界35都市に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

東京 | ラーメン | 寿司 | 下町 | 和風 | レトロ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆