連載
» 2014年11月18日 08時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:公道でカートを飛ばす

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[五十嵐淳(タイムアウト東京),ITmedia]
1411181.jpg

 今回は、先日タイムアウト東京が体験取材した「リアルマリオカート」についてのレポートをお届けします。

 マリオカートをゲームの中に留めておくにはもったいない。実際にできたらいいなと、思ったことはないでしょうか。近頃ツイッターなどでスーパーマリオのキャラクターに粉して、ゴーカートに乗っている団体がいるという情報が続出。気になったは取材班は、今回、秋葉原から渋谷間の往復を走行するという東京ガイジンズの皆さんと一緒に謎のゴーカートに挑戦してきました。

1411182.jpg

 カートの貸し出しをしているのは、「アキバカート」という秋葉原にあるお店。まずはじめに乗り方のレクチャーを受けます。操作は車の運転の基本が分かっていればOK。最高60キロまでスピードが出せるといい、車道で少し走ってみると体感速度の早さに冷や汗が……。しばらく走ると感覚を掴み、前方に走るピーチ姫を見ながらマリオカートの世界にすっかり入り込んでしまいました。

1411183.jpg

 アキバカートがレンタルを開始したのは約2年前。自分の店の宣伝で使おうと思いカートを取り寄せたそうです。今までに、1日レンタルをして八王子、日光、名古屋まで行った人もいるとのこと。街を走行しているとドライバーや歩行者から話しかけられたり、写真を撮られたりするので、参加した人は「スーパースターになったみたい!」とドライビングを楽しんでいました。晴れた休日に友人同士でカートで出かけてみてはいかがでしょうか。

1411184.jpg

 リアルマリオカートについての詳しい記事は「あちこちで見かける謎のリアルマリオカートに挑戦してみた」で紹介しています。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集 五十嵐淳

jun120.jpg

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界35都市に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

マリオ | マリオカート | アキバ | 挑戦


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆