連載
» 2014年12月09日 08時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:麺はスパゲッティに限定する

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[五十嵐淳(タイムアウト東京),ITmedia]

 日本人の間で「パスタ」という言葉が定着してから、「スパゲッティ」という響きにはどこか懐かしさを感じさせるものがあります。色々な種類のパスタが気軽に食べられるようになった現在でも、パスタといえば多くの場合スパゲッティを指しているのではないでしょうか。外国の食文化を独自のスタイルで昇華する日本人ですが、スパゲッティも例外ではなく、ナポリタンやタラコなどの和風スパゲッティは、日本のスパゲッティを語る上で欠くことのできない存在です。今回は、アルデンテを極めた本格派から昔懐かしい日本の味まで、スパゲッティに特化したお店をご紹介します。

hasiya.jpg

 東京のスパゲッティを語る上で外せないのが「ハシヤ」ここで修行し店を開く人も多く、名前は違えど同様のスタイルをとる店が東京各所に存在します。メニューは、トマト系、バター系、クリーム系などに分かれており、それぞれトッピングのバリエーションも豊富。どれを頼むか迷ってしまう人は、一番人気の「タラコとイカのスパゲッティ」を選べば間違いないでしょう。たっぷりのバターとタラコで和えた濃厚な味わいの麺にイカの食感がアクセントになり、シンプルながら完成度が高い一皿です。

koiwai.jpg

 茹で置きした麺を炒めて提供するスタイル、通称「ロメスパ」の老舗「リトル小岩井」では、これぞ日本のスパゲッティといえるメニューが楽しめます。しっかりと茹でられた極太麺はアルデンテという言葉とは無縁の仕上がりで期待を裏切りません。この麺ならばやはり、「ナポリタン」を注文したいところ。具材も味付けもシンプルそのもので、誰が食べても懐かしい気分になるはずです。好みに応じて、焦がしめ、味濃いめ、油少なめなどのリクエストに対応してくれるのも嬉しいですね。

arudente.jpg

 新宿の「あるでん亭」では、店名に恥じない絶妙な茹で加減のスパゲッティが食べられます。メニューは純イタリアンなものから、和風まで豊富ですが、アリタリア航空のクルー直伝の「アリタリア」は、ぜひ抑えておきたい逸品です。しめじと生クリームをあえた麺に、トマトの酸味が効いたミートソースがマッチし、なんとも言えない味わい。オイル系が好みなら特大ベーコンが豪快にのる「アリオ オリオ ベーコン添え」もおすすめです。

 その他にも、「東京、スパゲッティ専門店10選」では、無性にスパゲッティが食べたい!という欲求に駆られたときに訪れてほしいレストランを紹介しています。どの店も1人でも気軽に利用できるので、ランチでも、仕事帰りのサク飯にも持ってこいです。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集 五十嵐淳

jun120.jpg

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界35都市に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

イタリア | ベーコン | 和風 | シンプル | ランチ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆