連載
» 2014年12月18日 08時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:日本にこそ「クラウドファンディング」。その魅力とは? (1/2)

夢をかなえるのに欠かせない資金。まったく名もないアーティストがクラウドファンディングでお金を集め、ニューヨークで個展を。助け合いの精神が夢を支える。

[板越ジョージ,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」のバックナンバーへ。


141218book.jpg クラウドファンディングで夢をかなえる本

 ここ最近、クラウドファンディングで1000万円を超える資金調達を成功させている案件が立て続けにでています。ようやく日本においてもクラウドファンディングで夢をかなえられるような環境になってきました。

 例えば、「自分の図書室を渋谷に作りたい!」と思った青年がクラウドファンディングサイト「キャンプファイヤー」を利用しました。彼は1737人から1000万円近いお金をわずか1か月ほどで集めてしまいました。その結果2014年6月に、本を読みながらお酒が飲めるというお洒落な図書室が渋谷にオープンしました。

 「がん患者が自分の力を取り戻す場ためのマギーズセンターを東京に」というプロジェクトは、24歳の時に乳がんを克服した女性が立ち上げました。たとえ病気であっても、一人の人間として尊重され、死の恐怖の中ても生きる喜びをと、がん患者に必要な相談支援の場をつくるために立ち上がりました。このプロジェクトはCFサイト「レディーフォー」を利用し700万円を目標として始まりました。共感が共感を呼びなんと60日間で2200万円以上も集めてしまいました。

 そして、「ダサイLEDは終わりにしよう!フィラメントをLEDで再現、美しい電球を広めたい」というプロジェクトもあります。これまでにないかっこいいLED電球をつくりたいという地方の町工場がCFサイト「マクアケ」で開始しました。「こんなものがあったらいい!」とSNS上で話題になり1441万円をいとも簡単に集めてしまいました。

 クラウドファンディングはこれまで一部の人の間で話題にされていただけでしたが、最近では一般の人も「クラウドファンディングとは一体何なんだ!?」と思い始めています。

 「クラウドファンディング」とはインターネットを通して、500円からの少額のお金を、不特定多数の人から集める仕組みのことです。世界5100億円(2013年)を超える規模に成長し、海外では個人でも1億円規模のお金集めに成功しています。

 クラウドファンディングはざっとこんな流れです。

 まずは企画をクラウドファンディング会社に投稿します。その企画がクラウドファンディングサイトに掲載されます。そのサイトを見た人々が、お金を投資します。期間内に目標金額が集まれば、その金額を手にすることができるのです。

こんなことをやってみたい

クラウドファンディング運営会社に投稿する

クラウドファンディングサイトに掲載される

お金が集まる

夢が実現する

 これらすべてが、無料でできるのです。資金ゼロからでも始められます「ノーリスク、ハイリターン」がクラウドファンディングの魅力です。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆