ニュース
» 2014年12月23日 06時28分 UPDATE

Google、自動運転カーの“完全に機能する”プロトタイプを披露 来年には路上へ

Googleが、5月に披露した自動運転カーの最新プロトタイプを発表した。ルーフトップのセンサーがコンパクトになり、ヘッドライトが付いた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは12月22日(現地時間)、5月に披露したステアリングもない自動運転カーの“完全に機能する”最新プロトタイプが完成したと発表した。

 2015年中には北カリフォルニア州の公道で走行させたいとしている。

 car 1 新しいプロトタイプ

 新プロトタイプには、最初のモデルにはなかったステアリングなどのマニュアル運転用ツールが付いているが、9月のGoogle+への投稿によると、これはカリフォルニア州法で義務付けられているからという。テスト走行中、必要に応じてマニュアルに切り替えられるようになっているが、最終的にはこれらのツールは撤去する計画という。

 新プロトタイプの画像を5月に披露されたプロトタイプ(以下の画像)と比較すると、ヘッドライトが付き(5月のモデルは描かれたものだった)、ルーフトップのセンサーがコンパクトになり、ホイールも変わった。

 car 2 5月に披露されたプロトタイプ

 Googleで自動運転カープロジェクトを推進する共同創業者のサーゲイ・ブリン氏は7月、このプロジェクトについて、実現すれば高齢者や障害者に移動手段を提供でき、自家用車が不要になるといった社会の変革をもたらせると語った。具体的なロードマップは公表されていない。

 car 3 新旧比較(右が新モデル)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆