連載
» 2015年04月09日 08時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:今日も208回謝った! でもそれは、チャレンジの証 (1/2)

謝るのは悪いことなのか? 実は謝り上手は出世上手。一流経営者は謝ることで凍った場所を溶かす。

[野呂エイシロウ,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」のバックナンバーへ。


150409book.jpg なぜ一流の人は謝るのがうまいのか 100%信頼される人間関係の法則

 ボクは、毎日多くの経営者に会う。

 ボクはアドバイスをするのが仕事だが、逆に学ぶべきことも多い。

 成功している経営者は、謝るのが本当にうまい……のだ。

 とにかく謝る。

 それが何よりも大切です。

 そう思うと、謝るのが楽しくなってきます。

 「謝れば何でもOK?」と思うのは大きな間違いです。それは大きな間違い。

 謝るというのは、こちらに否があるということである。ちなみにこの原稿もすでに締め切りを過ぎていたというか、失念していて、編集長に謝った。急いで書こうと思ったら、身体がダウンした。さらに1日伸びた。本当に申し訳ない。

 いつもぎりぎりである。

 本当にギリギリである。

 常にギリギリである。

 本当に申し訳ありませんと言うしかない。

 さて話がそれてしまったが、謝り上手は出世上手である。ボクは多くの一流経営者が謝っている姿をみて、今日のように謝ろうと決めたのだ。

謝罪の王様を知っているか!

 宮藤官九郎監督の映画「謝罪の王様」というのがあったが、本当に謝るのが上手な人がいた。マジでうまいのだ。今も一緒に仕事をしている、某一部上場企業の常務だ。本当に彼に謝られると世の中、大きく変貌する。その凍ったまるで氷河期のような場所を溶かすのだ。

 ボクは彼に会うまで謝るのは悪いことだと思っていた。だが、会ってそれから尊敬です。詳細は、書籍の10ページに。ぜひともご覧あれ!

双子の喧嘩をみて、人は分かり合えないものだと悟る

 そもそも人は分かり合えないものだと思うと気が楽になります。その瞬間から、ずっと楽になります。それがボクの毎日です。分かり合えないということは、分かり合うために相当の努力が必要だということです。

 だからどちらかが謝らなければならない。

 だったら謝ろうというのがボクの考えです。

 先に謝ったほうが絶対的に大人。意地の張り合いでいい事はひとつもありません。間違いなくありません。すぐに謝ろう。

メールが遅くなったらすぐに謝る

 ある本で読んだのですが、コンサル会社マッキンゼーでは、メールの返答が6時間を過ぎたらすぐに謝罪だそうです。寝る前にチェックして起きたらチェックしなければなりません。それがビジネスの世界なのだそうです。

 ボクは、いつも6時間以上たってしまうので、それだけで毎日100回は謝っています。でも、最初に謝ると結構いい感じです。

「謝罪の謝」は「感謝」の「謝」と同じである。

 「言」(ごんべん)と、弓を「射る」と書いて、謝である。「射る」とは、弓の緊張をときほぐすということである。つまり……言葉によって心の緊張を解くということです。

 ぜひとも謝って、人間関係の緊張を解き放ちましょう。そのうち、「感謝」となって戻ってくるはずです。ぜひとも。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆