連載
» 2015年06月22日 08時00分 UPDATE

視点:デジタルヘルスの本質を見極める (1/4)

2020年にはグローバルデジタルヘルス市場は、1000億ドルの規模に成長するといわれている。しかし、その市場性についてはいまだ不透明な点が多い。あらゆる企業が期待を寄せる「デジタルヘルス」という巨大市場の本質はどこにあるのだろうか。

[徳本直紀,ITmedia]
Roland Berger

1、成長が期待されるデジタルヘルス市場

 個人レベルでの通信インフラの普及に伴い、デジタルツールを活用したヘルスケアビジネスが近年注目を集めている。特に2014年は様々な場で、デジタルヘルスでのビジネス紹介が行われており、元来のヘルスケアに従事する企業(製薬会社、医療機器メーカー、病院等) だけでなく、電子機器メーカー、通信事業者やシステムプロバイダ、ベンチャー企業等の当該市場への参入が活発になってきている。

 デジタルヘルスの定義はあまりにも広大で曖昧なため、その市場規模は調査機関によって様々な値が報告されているが、共通しているのは今後5年の間に年2桁以上での成長が見込まれるということである。主なビジネス領域だけを挙げても、2020年時点には1,000億ドル以上の市場規模が期待されている。(図A参照)

104zua.jpg 図A:デジタルヘルスの市場予測[US十億ドル]

 しかし、その内訳を見てみると、現時点では、欧州を中心に普及が進んでいるEMR (電子カルテシステム) や院内連携システム、Telemedicine (遠隔診断)、Telehealth (遠隔治療) など、病院が中心となって、院内、もしくは病院と患者を結ぶソリューションが主流である。また、近年ではモバイルデバイスや健康管理アプリ等のように(mHealth)、個人(患者) が主体的に健康を管理することに主眼を置いたサービスも登場しつつある。昨今聞かれる「デジタルヘルス」という言葉からイメージされている。

 市場は、まさに後者のようなサービスではないだろうか。しかし、その市場性についてはいまだ不透明な点が多い。あらゆる企業が期待を寄せる「デジタルヘルス」という巨大市場の本質はどこにあるのだろうか。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright (c) 2016 Roland Berger. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆