連載
» 2015年06月23日 08時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:夏の夜の風物詩に魅せられる

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]
adachi.jpg

 今年も夏の夜の風物詩、花火大会の季節が近づいてきました。会場は例年通り混雑が予想されるので、事前にしっかりと計画を立てておくのがおすすめです。

 夏の東京で最も早く開催される花火大会は、7月18日(土)開催の「足立の花火」。1時間で約12000発の花火が打ち上げられます。西新井側の河川敷は、千住側よりも比較的ゆったりと花火を観賞することができます。

katsushika.jpg

 7月21日(火)には、「葛飾納涼花火大会」が江戸川河川敷で行われます。ポイントは、打ち上げ場所が観客席から近いことです。臨場感溢れる空間で花火を観覧できるでしょう。今年は、とめどなく豪快に打ち上がるオープニング花火から、強烈な光と音で夜空を埋め尽くす恒例の大空中ナイアガラまで、約13000発の花火を7つのステージより打ち上げます。

kamakura.jpg

 花火を見に、少し遠出してみるのもいいかもしれません。今年の夏で67回目を迎える「第67回鎌倉花火大会」は、由比ケ浜海岸、材木座海外で開催されます。海の上に浮かんだ船上から、次々海中へと投げられる名物の水中花火をはじめ、全国著名花火業者の花火など、多彩な花火が華やかに打ち上げられます。

 他にも、「東京の花火大会」では、8月後半までの花火大会情報を紹介しています。大会当日が好天に恵まれることを願いつつ、東京各地の夜空を彩る、色とりどりの花火を眺めに行ってみてはいかがでしょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

timeout120.jpg

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界85都市37カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

花火 | 東京 | 打ち上げ | 夜景 | リゾート


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆