ニュース
» 2015年07月27日 08時00分 公開

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:大人が夢中のブロックによる作品で想いを共有 (2/2)

[山下竜大,ITmedia]
前のページへ 1|2       

自分の目的や価値観をブロックで表現

自分の目的や価値観をブロックで表現

 ワークショップでは、「自分の思いやビジョンが周囲に伝わっているのか?」「相手の想いを本当に理解しているのか?」を、LEGOブロックによる創造物を通じて理解することを目指している。進め方のポイントを渡邉氏は、「楽しく、シンプルに……」と語る。

 上手に何かを作る必要はない。逆に下手なくらいがちょうどいいという。その理由を渡邉氏は、「相手が"これは何ですか?"と聞きやすいからだ」と話す。今回のITmediaエグゼクティブ勉強会では、キャリアデザインに関するワークショップが実施された。

 まずは自分を表現する練習として、数個のブロックを使って3分間で「アヒル」を作った。たった数個の同じ種類のブロックを使ったアヒルだが、出来上がったアヒルは人それぞれに異なっている。渡邉氏は、「自分と異なっている部分に対し、"なぜそうなのか?"を話し合うことが重要だ」と言う。

 2番目のワークショップでは、一般的なLEGOブロックと顔、ガイコツ、お金、カツラ、武器などの特殊部品、動物キットなどを20個程度使って自分の興味のあるものを自由に作る。例えば、趣味やスポーツなどを表現する。出来上がった作品をメンバーに簡単に説明し、その作品に対しほかのメンバーは気になることを質問する。

 質問は、「なぜここに赤いブロックを使ったのか?」「なぜこの人は右を向いているのか?」「ここの空間は何を意味しているのか?」など、具体的なものにすることが重要だという。

 3番目のワークショップは、いまの仕事の状況を、さまざまなブロックを好きなだけ使って表現する。今回は出来上がった作品の説明をするのではなく、いまの仕事の状況を説明し、それに対してほかのメンバーが作品について質問する。

 最後のワークショップでは、自分の「Will(目的、価値観)」を、表現し、相互共有する。このとき米国のキャリア研究者であるドナルド・E・スーパーが提唱する価値観の14分類をフレームワークとして活用。14分類を、自分にとって「心地よい」順に1位から14位まで並べ、上位3つ、下位3つから自分の価値観を明らかにする。

 価値観の14分類は、「能力の活用」「達成」「美的追求」「貢献性」「自律」「創造性」「経済的報酬」「ライフスタイル」「身体的活動」「社会的評価」「チャレンジ」「社会的交流性」「多様性」「職場環境」で構成されている。

 この結果に基づき、自分が仕事をする上で大切にしている3つの「価値観」を表現し、出来上がった作品をメンバーに説明し、ほかのメンバーはLEGOブロックの作品の気になる点について質問する。

 実践した参加者からは、「通常の仕事では、ここまで創造力を発揮できることは少ない」「人の価値観がそれぞれ違うこと、自分に新たな一面があることを発見できた」など、前向きな感想を聞くことができた。

 渡邉氏は、「ワークショップでは、自分のWill(目的、価値観)を、LEGOブロックを用いて表現し、相互共有することを目指している。自己の想い、組織のありたい姿などを表出し、共有する場の形成として有効な手法となるのがLEGOシリアスプレイメソッドだ」と締めくくった。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆