連載
» 2015年08月04日 08時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:期待の新店の全貌を知る

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]
1508042.jpg

 「ブルックリンのような雰囲気の……」という文句を謳う店は多いですが、イープラスが2015年7月15日(水)にオープンしたライブカフェ、「LIVING ROOM CAFE by eplus」は、内装のちょっとした雰囲気などではなく、ニューヨーク的なスケール感と営業スタイルで我々を圧倒してくれる期待の新店です。床面積が1200平方メートル、座席数は300席とかなりの広さである同店の最大の魅力は、毎晩行われるミュージシャンによるムーディーな生ライブです。

 平日であればミュージックチャージはたったの300円。出演したアーティストには、チャージに加えて、バー、テラスルーム、テラスの観客から預かるチップが全額渡されます。同店のこのシステムは、ノルマや動員など、通常、ライブ活動を行うためにはミュージシャンが様々な負担を負わなければならないことが多い日本では、新しい音楽活動のあり方を提示するものと言えます。

1508043.jpg

 LIVING ROOM CAFEのその名が表す通り、同店のフロアは「アーティストが友人を自身の邸宅に招きもてなす」ことをイメージして、「リビング」「ダイニング」「パティオ」「メインバー」「テラス/テラスルーム」と、フロアの雰囲気ごとに区分けされています。タイムアウト東京のスタッフが訪れた日にステージで行われていたのは、Kai Petite(Gt/Vo)と、ハーモニカプレイヤーNatsukiによるデュオの演奏で、生演奏ならではのロマンティックな空気が店内に満ちる様は、贅沢の一言。この日は19時00分〜22時00分の間に、1セット20分の演奏を3セット披露しました。

1508041.jpg

 先ほども述べたように、チャージは300円(平日)。フードの価格は600円〜2000円程度と手頃で、この価格帯で生演奏を観ながら食やアルコールが楽しめる場所は、都内ではかなり貴重です。インターネット環境が普及したことでフィジカルな音楽体験の重要さが再確認されている今、同店のような業態はより価値あるものとなりそうです。

 同施設についての詳しい情報は、こちらの記事「e+が手がける大型ライブカフェが渋谷にオープン。チャージとチップは全額アーティストへ」で紹介しています。美味しい食事とお酒、そして生演奏を堪能しながら、贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

timeout120.jpg

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆