連載
» 2015年09月03日 08時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:ネクタイを毎月3本買う人はなぜスゴイ仕事ができるのか? (1/2)

成功者の言うことはとりあえず黙って吸収してみる。それが大きく人生を変えるきっかけになった。

[野呂エイシロウ,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」の

バックナンバーへ。


150903book.jpg ネクタイを毎月3本買う人はなぜスゴイ仕事ができるのか

 先日、あるプロデューサーからこの本を絶賛された。「これは全国の中小企業の人が読むべきだ」

 本当にありがたい。ボクは、学歴もないし、大した能力もない。国語の成績も大したことないのに、放送作家としてテレビの原稿を書き、そして普段から仕事をしている。一応、いろんな企業とコンサルタント契約をしている。だが、能力は大したことないと自分で言うのもそのとおりだと思う。

 仕事していて「この人頭いいな?」と思うことは毎日である。尊敬の毎日である。そんな日々だ。ボクよりも能力のある人は本当にたくさんいる。だが、上手く行っていない人も山のようにいる。それは一体何なのか? と思うと、格好である。

ギャラが40倍になったわけ

 詳細は22ページをご覧頂きたいのだが、ある日、成功している先輩方々のファッションを見ていると、実にオシャレだ。そう、見た目が大切だと思ったのはその瞬間である。ダメなクリエイターはトレーナーにスニーカーでいかにもお金がなさそうだ。

 先日、会議に出たのだが、あるクリエイターはヒッピーのような格好をしていた。別に他人ごとなのでどちらでもいいのだが、ボク的には非常にもったいない。実は彼はボクよりも才能があるのだが、同じ時間の会議のギャランティはボクの10分の1にも満たない。何度か注意したが、そのままなので放置している。

 ボクは、20年前、先輩のファッションをまねてしてなけなしのお金でCOMME des GARCONSを購入し、中古のベンツを買ってテレビ局に乗り込んだ。するとギャランティが急に高くなったのだ。なんと40倍になったのだ。ボクの能力は変わらない。5000円のシャツが、10万円のジャケットになっただけである。すぐに元がとれた。

 大切なのは、見た目だ。

 飲食店も一緒だ。同じ料理でも器が魯山人だったらちょっとは美味しそうに見えるかもしれない。コンビニエンスストアの料理をレストランで、美味しそうな器に綺麗に持ったら、さらに美味しく思うに違いない。(実験したことがないからイメージですみません)

 そういうものだ。当然だが、人はそのような雰囲気でごまかされてしまうことが多々ある。

 だが、それは悪いことではない。まずは、見た目だ。同じ味の桃でも見た目がよく、品質管理していれば、数倍の価格で千疋屋の店頭に並ぶに違いない。そんなものである。世の中というのは。コカコーラだって高級ホテルで飲めば1500円だ。

 人の価値も一緒だ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆