連載
» 2015年10月06日 08時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:カカオを愛する

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]
15100603.jpg 話題のビーントゥバーチョコレートバー

 代々木公園駅1番出口から徒歩1分程度のところにオープンした「カカオストア」というお店をご存知でしょうか。タイムアウト東京編集部は、話題のビーントゥバーチョコレートバーがずらりと並ぶカカオストアを訪ねてきました。

 2015年9月15日(火)にオープンした同店のオーナーは、日本のトップショコラティエとして知られ、ミュゼ ドゥ ショコラ テオブロマのオーナーも務める土屋公二シェフ。店内に入ると、シンプルなチョコレートバーはもちろん、オレンジピールやナッツが入ったものなど、さまざまな「Bean to Bar Chocolate bar」(ビーントゥバーチョコレートバー)が並んでいます。

15100601.jpg それぞれの国をイメージした動物がパッケージに描かれている

 ビーントゥバーチョコレートとは、カカオ豆の状態から板チョコレートになるまでのすべての工程を一社で一貫して手がけて作るチョコレートのことです。このような方法で作ることによって、よりカカオの魅力が引き立つチョコレートになるそうです。

 中でも注目なのは、同店のオープンとともに登場した新作のチョコレートバー。こちらは、マダガスカル、ペルー、ベトナムのカカオを用いてミュゼ ドゥ ショコラ テオブロマ 本店で作られています。いずれも土屋シェフが実際に訪れた国々で、それぞれの国をイメージした動物がパッケージに描かれているのもポイントです。

15100602.jpg カカオストアの奥にはカフェスペースが

 また、店内の奥にはカフェスペースも設けられています。カカオストアならではのメニューをはじめ、チョコレートと相性抜群のアルコールも用意されているので、仕事帰りにちょっと寄ってみるのも良いでしょう。

 同施設についての詳しい情報は、こちらの記事「チョコレート好きにはたまらない!BTBのチョコレートを扱うカカオストアに行ってみた?」で紹介しています。さまざまなチョコレートを食べ比べて、どっぷりとカカオの世界に浸ってみてはいかがでしょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

timeout120.jpg

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

チョコレート | 東京 | 動物 | カフェ | 買い物


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆