ニュース
» 2015年12月10日 11時01分 UPDATE

プリウス成否はTNGAの試金石 「もっといいクルマづくり」を強調

新型「プリウス」は、車台などを一体開発して性能を向上する新たな開発手法「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」の第1弾。

[SankeiBiz]
151210sankei.jpg 4代目となるトヨタの新型「プリウス」

 新型「プリウス」は、車台などを一体開発して性能を向上する新たな開発手法「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」の第1弾。世界販売首位を維持するトヨタが商品力でも優位に立てるか、プリウスの成否はその試金石になる。

 TNGAは、前輪駆動の小型車や後輪駆動車など車をいくつかのタイプに分け、基本となる車台を新たに開発。部品の共有化なども進めることで、トヨタ車全体の性能向上を図る取り組みだ。世界販売が1000万台を超え、地域ごとに多様な商品が求められる中、開発を効率化し、製造工程の短縮などにもつなげる狙いがある。

 この日の会見で、加藤光久副社長は「(TNGAの)目的はもっといいクルマづくり。商品力を大幅に向上させ、効率化で浮いた元手をいいクルマの開発に再投資する」と強調した。

これまでトヨタ車は品質や燃費の評価は高かったが……

 これまでトヨタ車は品質や燃費の評価は高かったが、「走りなど車の魅力に欠けるという意見も少なくなかった」(幹部)。そこで、新型プリウスは、TNGAで車台から一新することで重心を低く抑え、運転席の位置などを変更。走行性能や運転のしやすさなどを改善した。

 トヨタはTNGAの対象車を2020年ごろに世界販売の半分に展開する計画。日本ではエコカー市場で圧倒的なシェアを誇るプリウスだが、高速走行が多い欧州などでは伸び悩んでいただけに、新型車が海外でも受け入れられるかどうかが、TNGAの評価を左右しそうだ。

関連キーワード

プリウス | 性能 | 自動車 | 燃費 | エコカー


Copyright (c) 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆