ニュース
» 2015年12月16日 10時41分 UPDATE

日産ゴーン社長、続投に意欲示すも……後任は「日本人が望ましい」 (1/2)

日産自動車のカルロス・ゴーン社長は15日、資本提携する仏ルノーの筆頭株主であるフランス政府が日産の経営に介入しないとした合意について、「重要な節目だ。(日産とルノーが)対等なパートナーシップを維持する精神が明文化された」と述べた。

[SankeiBiz]
151216sankei.jpg インタビューに答える日産自動車のカルロス・ゴーン社長=15日、横浜市

 日産自動車のカルロス・ゴーン社長は15日、資本提携する仏ルノーの筆頭株主であるフランス政府が日産の経営に介入しないとした合意について、「重要な節目だ。(日産とルノーが)対等なパートナーシップを維持する精神が明文化された」と述べた。日産に対してルノー株の買い増しなどを認めた合意を評価した。

 フジサンケイビジネスアイなどのインタビューで述べた。仏政府は2年以上保有する株式の議決権を2倍にする法律を制定し、2016年4月にルノーへの議決権を28%程度に拡大する見込み。ルノーへの関与を通じて、日産にも仏国内の雇用維持を求める可能性があった。

 ルノーの最高経営責任者(CEO)を兼務するゴーン氏は「提携は力関係ではない。日産に対してルノーは43.4%を出資しているが、経営に干渉する気はない」と強調。日産・ルノーと仏政府が結んだ合意は、日産が不当な干渉を受けた場合、ルノー株を現在の15.0%から25%以上まで買い増して日本の会社法で議決権をなくすことができるとした。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆