ニュース
» 2015年12月18日 10時44分 UPDATE

今日からリニア最難関工事 複雑な南アルプスの地層「難しい技術に挑む (1/2)

JR東海が2017年の先行開業を目指すリニア中央新幹線は18日、南アルプスの山々を貫く全長25キロのトンネル工事がスタートする。

[SankeiBiz]
151218sankei.jpg リニア中央新幹線のトンネル工事に向け準備が進む山梨県早川町の現場=11月28日

 JR東海が2017年の先行開業を目指すリニア中央新幹線は18日、南アルプスの山々を貫く全長25キロのトンネル工事がスタートする。品川−名古屋間285キロの中でも最難関の大工事とされ、工期は約10年に及ぶ。施工するゼネコン各社が高い技術力を発揮し、安全に工事を進められるかどうかが問われる。

 リニアは昨年末に品川、名古屋両ターミナル駅の工事に向けた資材置き場などの整備が始まっているが既存施設のない山岳地帯での本格工事は初めてだ。

 南アルプストンネルは山梨、静岡、長野3県を結ぶ計画。18日は、山梨県早川町から静岡県境まで7.7キロの「山梨工区」の起工式を行う。大成建設と佐藤工業、銭高組の3社の共同企業体が来年春から本格的な掘削工事に着手する。

 トンネル西端の「長野工区」(8.4キロ)も来年早々に施工会社が決まる予定で、中央部の「静岡工区」(8.9キロ)へ向けて東西から掘り進む。

 同トンネルは、地表面からの最大深度が1400メートルと、上越新幹線大清水トンネル(群馬、新潟県境)の1300メートルを上回る。南アルプスは地層が複雑で、地下水の大量噴出による工事の中断も起きかねない。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆