ニュース
» 2015年12月21日 11時22分 UPDATE

アスクル、福岡の新物流拠点稼働へ 自動梱包機で梱包効率化

受注から出荷まで最短20分というアスクルのスピード配送を支える九州・沖縄エリアの基幹物流拠点となる。

[SankeiBiz]
151221sankei.jpg 「ASKUL Logi PARK福岡」の航空写真

 アスクル(東京都江東区)は30日から、新しい物流拠点「ASKUL Logi PARK福岡」(福岡市東区)を本格的に稼働する。受注から出荷まで最短20分というアスクルのスピード配送を支える九州・沖縄エリアの基幹物流拠点となる。

 「ASKUL Logi PARK福岡」は、アスクルが福岡市から取得した福岡市東区の福岡アイランドシティの用地に建設した地上4階建ての物流センター。敷地面積は約2万4905平方メートル、延べ床面積約5万4842平方メートル。

 アスクルの物流ノウハウや最新鋭の設備を搭載した。設備効率を最大限に生かすため、2フロアにまたぐ高さ約14メートルのケース自動倉庫による在庫移動(補充)システムや、自動梱包(こんぽう)機による梱包工程の効率化を実現したのが特徴。また、物流施設内に本格的な調理設備を設置し、スタッフへの昼食の無料提供を開始する。

 アスクルは、現在稼働中の物流施設「アスクル福岡センター」の移転・拡充計画を進めていた。福岡センターからの移管は2016年2月完了予定。アスクルは全国で7カ所の物流センターを運営している。

関連キーワード

福岡 | アスクル | 物流 | 物流拠点


Copyright (c) 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆