ニュース
» 2015年12月22日 10時47分 UPDATE

キリン初の最終赤字、人ごとではない 思わぬ落とし穴に足をすくわれる可能性も (1/2)

キリンHDが業績を下方修正した背景には、ブラジルの経済環境の激変がある。

[SankeiBiz]
151222sankei.jpg 記者会見で業績予想の下方修正を発表したキリンホールディングスの伊藤彰浩取締役常務執行役員(右)ら=21日、東京都中央区

 キリンHDが業績を下方修正した背景には、ブラジルの経済環境の激変がある。同社は2011年、ブラジルのビール大手、スキンカリオール(現ブラジルキリン)を買収。当時、ブラジル経済は好調で、ビール市場は年率5%成長を続けていた。「このまま成長は続くとみていた」(溝内良輔常務執行役員)が、13年になると景気は急減速した。

 通貨レアル安による原料調達コストの上昇も収益を直撃した。当時、1レアル=50.35円だった為替相場は、15年12月期末に36.38円まで約38%下落すると予想。「全く予想していなかった」(溝内氏)と振り返る。

 来期以降は営業体制の見直しや生産調整といったリストラを進め、18年12月期にブラジル事業の黒字化を目指す。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆