ニュース
» 2015年12月24日 10時56分 UPDATE

100年前の映画フィルム修復 世界初の「4Kデジタル処理技術」開発 (1/4)

フィルムに付着した傷やほこり、経年劣化による退色などを修正する従来技術では対応できず倉庫などに眠っている資産をよみがえらせることができる。撮影当時の画面に近づけられると聞きつけた映画製作会社などと劣化したフィルムの修復で契約交渉を進めている。

[SankeiBiz]

 撮影したフィルムが劣化して上映できず資産価値を失ってしまう映画が少なくないが、撮影から100年たったフィルムでも、フルハイビジョンの4倍の解像度を持つ4Kで修復する世界初の技術を、映像配信技術のソリューション事業を手掛けるオノ・アンド・ジーアイティー(O&G、東京都世田谷区)が開発した。フィルムに付着した傷やほこり、経年劣化による退色などを修正する従来技術では対応できず倉庫などに眠っている資産をよみがえらせることができる。撮影当時の画面に近づけられると聞きつけた映画製作会社などと劣化したフィルムの修復で契約交渉を進めている。

151224sankei.jpg 1958年に撮影された法隆寺の釈迦如来坐像。右が従来の機械でデジタル処理した映像、左がO&Gの4Kデジタル技術で処理した映像。より本来の仏像に近い色が出せるという(資料映像バンク提供)

文化的資産を後世に

 横浜・日吉の研究開発拠点。包まれていた新聞紙から出てきた映像フィルムはかびで汚れ、酸っぱいにおいを放った。約50年前に撮影された35ミリ映画フィルムだ。映写機にかけられるとは到底思えない。

 こうしたフィルムを4Kでスキャンしてデジタル映像データ化する独自技術「オメガシステム」を使って見事に再生する。特許出願中の技術で、映画フィルムをデジタル化するスキャナーでフィルムを引っ張らずに透明な硬いフィルムキャリアに吸い付けて連続的にフィルム送りする。プリント基板設計などを展開する山勝電子工業(川崎市高津区)と共同開発。同社は開発・製作を、O&Gは開発・運用を担う。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright (c) 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆