ニュース
» 2016年01月05日 10時43分 UPDATE

夢の「ナノ医療技術」実用化へ がん治療に希望の光「日帰り治療も可能に」 (1/6)

腐ったパンを食べた男の子と初老の男。なぜか身長がナノメートル級に小さくなり、結核を患う少年の体内に入る。そこで2人は結核菌と戦う――。

[SankeiBiz]

■【世界へ 日本テクノロジー】成長へ新たな挑戦(上)

 腐ったパンを食べた男の子と初老の男。なぜか身長がナノ(1ナノ=10億分の1)メートル級に小さくなり、結核を患う少年の体内に入る。そこで2人は結核菌と戦う――。1989年に亡くなった漫画家、手塚治虫の代表作「38度線上の怪物」に描かれた世界だ。その漫画の世界が実際の医療現場でいま現実のものになろうとしている。

 「キングスカイフロント」と名付けられた川崎市臨海部の再開発地区にあるナノ医療イノベーションセンター(iCONM)。センターの研究リーダーを務める片岡一則東京大学大学院工学系研究科教授の研究チームが昨年6月、直径数十ナノメートルの高分子カプセル「ナノマシン」に抗がん剤を入れて、体内のがん細胞に直接届ける画期的な技術「ドラッグ・デリバリー・システム(DDS)」を開発した。インフルエンザウイルスとほぼ同じ大きさのナノマシンはまさに、“手塚ワールド”でパンを食べて小さくなった2人の役割を果たす。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright (c) 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆