ニュース
» 2016年01月08日 13時06分 UPDATE

海外輸出に挑む日本の新幹線 「技術力」だけでは受注競争勝ち抜けず (1/5)

2016年3月26日、北海道新幹線(新青森−新函館北斗)が開通。北海道から九州までが新幹線でつながる。建設区間がまだ残されているものの、国内の主要な新幹線路線はこれでほぼ整うことになる。

[SankeiBiz]

北海道開通、インドで採用 海外に広がる未来

 2016年3月26日、北海道新幹線(新青森−新函館北斗)が開通。北海道から九州までが新幹線でつながる。建設区間がまだ残されているものの、国内の主要な新幹線路線はこれでほぼ整うことになる。そこで次の展開として注目されるのが新幹線の海外輸出。日本にとっては新幹線に関するあらゆるノウハウを次の世代につなげるためには不可欠だ。世界各地で高速鉄道の建設計画が相次ぐ中、日本は官民挙げて、海外のライバルとの戦いに挑む。

安全、正確性を両立

160108sankei.jpg 2016年3月に開業する北海道新幹線で活躍するH5系車両(JR北海道提供)

 日本の新幹線の最大の特徴は高い安全性と運行の正確さ。高速鉄道専用の線路や立体交差を採用し、列車の運行から駅などの案内表示までを一体運用する総合的な運用管理システムは世界でもトップクラス。新幹線のシステムに起因した死亡事故は1件もなく、平均の遅延時間も年平均で1分を下回る。

 ただ、新幹線は原則として高速鉄道専用の線路を走るため、建設コストが高いというイメージが定着。15年秋、日本がインドネシアから高速鉄道受注を逃したのもそれが遠因との指摘もある。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright (c) 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆