ニュース
» 2016年01月14日 10時54分 UPDATE

清水建設、工期短縮で差別化 インドネシア戦略「ノー」と言わない細やかな対応 (1/4)

「ASEAN経済共同体(AEC)」が昨年末に発足し、経済圏が拡大する東南アジア。日本の建設業界も現地での事業展開を活発化させており、大手ゼネコンなどが日本の円借款を活用した道路や鉄道、オフィスビルなど建設を手掛ける。

[SankeiBiz]
160114sankei.jpg 清水建設が手掛けるアストラタワー周辺の建設現場。経済成長に合わせて高層ビルが次々と建てられている=2015年12月、ジャカルタ市内

 「ASEAN経済共同体(AEC)」が昨年末に発足し、経済圏が拡大する東南アジア。日本の建設業界も現地での事業展開を活発化させており、大手ゼネコンなどが日本の円借款を活用した道路や鉄道、オフィスビルなど建設を手掛ける。ただ可能性を秘めた巨大市場は、中国や韓国を含め各国がインフラ輸出でしのぎを削る国際競争の最前線でもある。清水建設がインドネシアで手掛ける建設現場を訪ね、勝ち残りを目指すゼネコンの戦略を探った。

技術プラスα必要

 赤道にほど近いジャカルタ市内中心部。同国最大のメディアグループ「MNCグループ」のオフィスビル「MNCメディアタワー」の建設現場では、炎天下、来年の完成に向け作業が急ピッチで進んでいる。

 「建物の高さを約80メートル低くしてくれないか」

 施主のMNCグループから突然の要望が舞い込んだのは2014年3月のことだ。しかも大幅な設計変更にもかかわらず、工期は延長しないという条件。「いったい、どうしたものか……」。施工を担当していた清水建設の赤木創工事長は困惑を隠せなかった。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright (c) 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆