ニュース
» 2016年01月20日 10時37分 UPDATE

ホンダジェット、日本投入に意欲 「次のターゲットはアジア」

ホンダジェットは7人乗り(パイロット含む)で、航続距離は2185キロ。1機450万ドル(約5億3000万円)で、起業家や中小企業の経営者らから100機以上を受注している。

[SankeiBiz]
160120sankei.jpg

 ホンダエアクラフトカンパニーの藤野道格社長は19日、フジサンケイビジネスアイなどの取材に応じ、昨年12月に米国で納入を始めた小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の販売展開について、「インドや中国、日本などアジアが次のターゲットになる」と述べた。ホンダジェットは7人乗り(パイロット含む)で、航続距離は2185キロ。1機450万ドル(約5億3000万円)で、起業家や中小企業の経営者らから100機以上を受注している。

 需要の多い米国や欧州、ブラジルに販売網を置き、初年度は約50機を納入する見込み。藤野氏は既存の販売網で「世界のビジネスジェット市場の87%をカバーしている」とした上で、「インドや中国はインフラや運航上の制約があり難しいが、購買力はある」として展開の可能性を示した。また、東京都から仙台市まで30分弱で移動できるとし、「日本でも適正な価格などの条件を満たせば使う方向になるのではないか」と投入に意欲を示した。

Copyright (c) 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆