ニュース
» 2016年01月21日 10時30分 UPDATE

NTT東日本、20キログラム運搬可能なドローンを共同開発

NTT東日本は20日、20キログラムのケーブルを運ぶ能力を持つ小型無人機「ドローン」を、東京都調布市のNTT中央研修センタで報道陣に公開した。

[SankeiBiz]
160121sankei.jpg NTT東日本が公開した、重さ20キログラムのケーブルを運ぶ能力があるドローン=20日、東京都調布市

 NTT東日本は20日、20キログラムのケーブルを運ぶ能力を持つ小型無人機「ドローン」を、東京都調布市のNTT中央研修センタで報道陣に公開した。ドローンを産業用に改造する国内メーカーとNTT東が、中国の世界最大手「深セン市大疆創新科技(DJI)」の機体を元に共同開発した。できるだけ早い時期の現場への投入に向けて実験を続けている。

 公開したドローンは、直径1.2メートルと現在配備中の機体より30センチ大きい。最大飛行時間は15分間で約500メートル分のケーブルを運ぶことができる。河川に隔てられた陸地と陸地をケーブルで結ぶ際などの利用を想定している。

 NTT東は昨年3月から、橋梁や電柱などに張った電話線や光ケーブルの点検などにドローンを活用している。同12月には、超音波センサーを追加装備して障害物との衝突を回避できる機能を追加した。NTT東は管内に現在、6台を配備しており、2016年度初めまでに11台を追加する予定だ。

 NTT東は、眼鏡に取り付けるウエアラブル端末を活用した設備保守点検業務のデモンストレーションも公開した。保守点検作業者の着用した眼鏡に、故障カ所を映し出すことで、点検作業をわかりやすく伝えることができるという。

関連キーワード

NTT | 東日本 | 共同開発 | 保守


Copyright (c) 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆