ニュース
» 2016年01月26日 12時52分 UPDATE

家庭の電気、お得合戦 4月全面自由化でガスや携帯セット割引 (1/3)

4月に電力小売りが全面自由化され、家庭は電気を買う電力会社を選べるようになる。ガスや携帯電話をセットで契約すれば割安になるなど多様な料金プランが登場し、ライフスタイルに応じて選べば家計の負担を減らせそうだ。

[SankeiBiz]
160126sankei.jpg 電力会社や料金プランを検索する比較サイトが登場。「エネチェンジ」のホームページ画面=23日

 4月に電力小売りが全面自由化され、家庭は電気を買う電力会社を選べるようになる。ガスや携帯電話をセットで契約すれば割安になるなど多様な料金プランが登場し、ライフスタイルに応じて選べば家計の負担を減らせそうだ。ただ、どれが最もお得になるか選ぶのは難しい。選び方によっては割高になるので、電気の使用量やよく使う時間帯、割引の条件などの見極めが必要になる。

 「電気もはじめます。東京ガス」。4日に予約の受け付けを開始した東京ガスの販売店は、電力販売を告知するポスターを店頭に張って顧客を呼び込んでいる。東京ガスはテレビ広告にも力を入れ、専用のコールセンターには22日までに約9000件の問い合わせが寄せられた。1万件突破が視野に入るほどの人気ぶりという。

割高なケースも

 家庭の1カ月の電気代は基本料金と電力量料金からなる。基本料金は一度に使える電気機器の大きさを示す契約容量によって変わり、電力量料金は1カ月間の使用量に比例する。まずは月々の検針票で契約容量と使用量を把握することが不可欠だ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (c) 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆