ニュース
» 2016年02月09日 12時14分 UPDATE

スマホ鈍化……部品・機械メーカーの業績直撃 中国低迷、アップル減産響く (1/2)

スマートフォンの世界市場の成長鈍化が、電子部品を供給する企業などの業績を直撃している。

[SankeiBiz]

 スマートフォンの世界市場の成長鈍化が、電子部品を供給する企業などの業績を直撃している。スマホを作る産業用ロボットの需要も急減した。一部の中国メーカーの販売低迷や、米アップルの減産が響いたようだ。車載などスマホ以外の収益源を開拓し、業績への影響を分散させる必要性が増している。

 ジャパンディスプレイ(JDI)が8日に発表した2015年4〜12月期連結決算は、売上高が前年同期比51.4%増の8128億円、営業損益が239億円の黒字(前年同期は55億円の赤字)、最終損益は44億円の黒字(同86億円の赤字)。固定費削減などの効果で黒字転換を果たした。ただ、「最大の顧客の需要が落ち込む」(有賀修二社長)ため、16年1〜3月期は19億円の営業赤字を見込む。米アップルの「iPhone(アイフォーン)」減産で、液晶パネルの販売が伸び悩む見通しだ。

 一部の中国メーカー向けは昨夏から弱含んでおり、関連企業にとっては事業環境の悪化が続く。京セラは16年3月期の営業利益予想を従来の1100億円から850億円に引き下げた。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆