ニュース
» 2016年02月15日 10時43分 UPDATE

VRがもたらす未来と課題 ソニー「プレイステーションVR」開発者が語る (1/5)

頭に装着して目を覆い、そこに映像を出して、現実とは違った空間にいるように感じさせるバーチャルリアリティの装置が、本格的な普及期を迎えようとしている。

[SankeiBiz]
160215sankei.jpg 「プレイステーションVR」がVR普及の鍵を握る

 頭に装着して目を覆い、そこに映像を出して、現実とは違った空間にいるように感じさせるバーチャルリアリティ(VR)の装置が、本格的な普及期を迎えようとしている。その尖兵となりそうなのが、家庭用ゲーム機「プレイステーション4」を展開するソニー・コンピュータエンタテインメントが送り出す「プレイステーションVR」。開発に当たったソニー・コンピュータエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平氏が、VRがもたらす未来像と、普及にあたっての課題を講演で語った。

 小説やマンガ、SF映画の中に登場する、現実とは違う仮想空間に入り込んで冒険や戦いを繰り広げるVRに、ワクワクした人は多いだろう。そんなVRが「いよいよ現実の物として、一般の人にも届けられる時代が来る」と吉田氏と。「プレイステーションVR」がその一翼を担い、ユーザーに今までにない体験をもたらすことを、今年1月に東京ビッグサイトで開かれた第2回ウェアラブルEXPOの特別講演で訴えた。

 VRヘッドマウントディスプレイの旗頭にもなっていた「Oculus Rift」の商品化が決まり、VRコンテンツを再生可能なスマートフォンを装填して楽しむ簡易型のVRヘッドマウントディプレイも登場。こうしたVRの開発が、ここに来て一気に進んだ理由を、吉田氏は幾つかの条件が「惑星直列的に重なった」と解説した。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright (c) 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆