ニュース
» 2016年03月01日 10時47分 UPDATE

ブリヂストン「免震ゴム」強化 新製法開発 海外販売にも注力 (1/2)

ブリヂストンが地震の揺れを建物に伝えにくくする「免震ゴム」事業を強化している。

[SankeiBiz]
160301sankei.jpg ブリヂストンが公開した免震ゴムの新製法に使う装置=横浜市のブリヂストン横浜工場

 ブリヂストンが地震の揺れを建物に伝えにくくする「免震ゴム」事業を強化している。生産性を向上する新製法を開発し、29日に公開したほか、海外販売にも力を入れる。東洋ゴム工業による性能データ改竄(かいざん)問題などがあったものの、東日本大震災以降、採用は増えており、増産に向けた投資を続けている。

 免震ゴムは建物と地面の間に配置され、地震の揺れを吸収。建物の被害だけでなく、家具の転倒などを防ぐ効果もあるとされる。

 ブリヂストンはタイヤで培ったゴムの製造技術などに強みがあり、免震ゴムの国内シェアは5割超を持つ。

 国内の免震建築物は震災以降、増加傾向にあり、マンションや病院のほか、工場や事務所、倉庫の採用が増えている。東日本大震災でサプライチェーン(供給網)が寸断し、操業停止が相次いだことで、免震への意識が高まったためとみられる。

 拡大が見込まれる需要に対応するため、ブリヂストンは新工法を開発。昨年半ばから横浜工場で本格稼働させ、この日、報道陣に公開した。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆