ニュース
» 2016年03月04日 13時49分 UPDATE

高性能ドローン続々投入 障害物回避、超軽量化……中仏メーカー、商戦過熱 (1/2)

小型無人機「ドローン」の商戦が過熱しそうだ。

[SankeiBiz]
160304snkei.jpg 障害物を回避できる新型のドローン「ファントム4」を発表したDJI日本法人の呉韜社長=3日、東京都港区(後藤徹二撮影)

 小型無人機「ドローン」の商戦が過熱しそうだ。昨年12月に人口密集地などでの飛行を禁止する一般的なルールが定められる一方で、政府が宅配サービスでの実用化などに向けた規制緩和に前向きな姿勢を示している。メーカー各社は、障害物を避けて飛ぶ機能を強化したり、軽量化を進めるなど開発競争を繰り広げている。

 ドローン世界最大手の中国・深セン市大疆創新科技(DJI)が3日公開した一般消費者向けの新製品「ファントム4」は、専用アプリ(応用ソフト)がダウンロードされたスマートフォンやタブレットを触って地上から遠隔操作する仕組みだ。

 2つの光学センサーを搭載し、障害物を感知して自動で避けながら被写体を追尾できる。被写体の動きに合わせて、カメラを動かすことも可能だ。モーターの省エネ性能を改善したほか、バッテリー容量も従来機種の約1.2倍に拡大し、1回の充電での飛行時間は最大28分に達する。

 上級者向けの「スポーツモード」を選ぶと、時速72キロで飛行可能。「一時停止」のボタンを押せば、静かに前進を停止し、空中でホバリングさせることもできる。1日にネットで予約受け付けを開始しており、15日から順次出荷する。価格は18万9000円。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆