連載
» 2016年03月08日 08時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:札幌発のアップルパイを味わう

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 アメリカを代表するデザート、アップルパイは、日本人にとっての味噌汁のように「おふくろの味」を連想させる食べ物として、アメリカでは多くの国民に愛されています。3月4日、アップルパイファンを歓喜させるであろうアップルパイ専門店、RINGOが池袋駅にオープンしました。

160308timeout01.jpg アップルパイ専門店が池袋にオープン

 店に一歩足を踏み入れると、まず目に飛び込んでくるのはずらりと並んだアップルパイたち。しかし、これだけの量でありながらも、いずれも作り置きはされておらず、常に焼きたてを購入することができます。この提供方法ができるのは、店内にファクトリーを設けている同店ならではです。

160308timeout03.jpg 常に焼きたてが購入できる

 こだわりは「焼きたて」という部分だけではありません。「焼き方」にこそこだわりが詰まっているのです。通常、カスタードクリームを入れるアップルパイの場合、甘く煮たリンゴとクリームをパイ生地に包んで一緒に焼き上げることが多いですが、同店では2回に分けてパイを焼きます。まずは、リンゴのみを入れて30分、その後、カスタードクリームを入れてさらに5分と、2回に分けて焼き上げることによって、パイの中にたっぷりのカスタードクリームを入れることに成功しました。

 また、パイが焼き上がる様子を身近で見られるのも同店の魅力の一つ。タイミングが良ければオーブンからパイを取り出す様子を見たり、その際に店中が湯気に包まれる、なんていう普段の店ではなかなか体験できない場面に居合わせることもできます。

160308timeout02.jpg パイが焼き上がる様子を身近で見られる

 そもそも、札幌の人気洋菓子店きのとやで、30年間改良を重ねながら愛され続けてきたアップルパイをもとに開発されたという同アップルパイ。東京進出の前には、きのとや 白石本店と大丸札幌店でテスト販売をし、10000個を完売させた実力の持ち主でもあります。イートインスペースは設けられていないため店内で味わうことはできませんが、駅近なことや、焼きたてをさっと購入できるため、今後、手土産として利用する人も増えそうです。

 詳しい情報は、こちらの記事「パイがずらりと並ぶ焼きたてアップルパイ専門店、池袋駅にオープン」で紹介しています。都内だけでも様々なアップルパイが提供されていますが、ぜひこの機会に札幌発のアップルパイも味わってみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

timeout120.jpg

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆