ニュース
» 2016年03月15日 10時51分 UPDATE

豪華客船、苦難の末に完成 三菱重 「次世代建造の課題克服」

三菱重工業は14日、長崎造船所で建造していた豪華客船「アイーダ・プリマ」(約12万5000トン)が完成したと発表した。

[SankeiBiz]
160315sankei.jpg 14日午前に長崎港を出港した豪華客船「アイーダ・プリマ」

 三菱重工業は14日、長崎造船所(長崎市)で建造していた豪華客船「アイーダ・プリマ」(約12万5000トン)が完成したと発表した。建造中に火災が相次いだほか、設計変更などで作業が遅れ、巨額の特別損失を計上したが、ようやく完成にこぎつけた。存続が危ぶまれていた造船事業だが、宮永俊一社長は「次世代客船の建造に伴う課題を克服した」とのコメントを発表した。

 引き渡し調印式を行った後、アイーダ・プリマは独ハンブルグ港に出航した。4月末から欧州各国をめぐる初航海に出る。

 三菱重工は2011年、米カーニバル傘下のアイーダ・クルーズから大型クルーズ船2隻の建造を受注。受注額は1000億円程度とみられる。一番船のアイーダ・プリマの客室数は1643室で、乗客数は約3300人。長さ約300メートル、幅37.6メートルと「洋上のホテル」と呼ばれる巨大客船だ。

 一番船の引き渡しは当初、15年3月を予定していたが、1年遅れとなった。特別損失は2隻の累計で1866億円に上る。

関連キーワード

三菱重工業 | 特別損失 | 次世代


Copyright (c) 2016 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆