連載
» 2016年05月24日 08時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:金魚すくいとコーヒーを楽しむ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 室町時代に中国から伝来したという金魚は、江戸時代後期に第1次ブームを迎えました。このころになると養殖業が発達したため、庶民の間で金魚の飼育が流行。金魚売りは江戸の夏の風物詩になったといいます。「金魚坂」はそんな江戸時代に創業した350年もの歴史を持つ養殖場です。

いろいろな種類の金魚が

 東京大学のメインキャンパスから程近い場所にある金魚坂。敷地内には、金魚鉢や水槽がずらりと並び、様々な種類の金魚や錦鯉が泳いでいます。これらの魚は販売されており、夏の風物詩でもある「金魚すくい」がいつでも楽しめるほか、鯉や金魚が泳ぐ釣り堀で「金魚釣り」もできます。

江戸時代創業の歴史ある養殖場

 この養殖ゾーンを通り抜けて併設されたカフェに入ると、外とはまた異なる雰囲気に驚かされます。池のひとつを改装して建てられたという、吹き抜けの広々とした洋風の店内にはグランドピアノが置かれ、ゆったりとした時間が流れています。店内の壁には、吉田晴亮商店の4代目吉田新之助が勧進元となって行われた金魚の品評会での番付表が飾られ、ここからも歴史を感じることができます。

「金魚すくい」がいつでも楽しめる

 金魚坂は近隣の人からも愛されており、開店して間もなくするとランチに訪れる客でほぼ席が埋まります。メニューはコーヒーや中国茶、スイーツのほか、アルコール類、葉巻まで揃い、食事のメニューは予約必須の本格懐石や、定食メニューなどがあります。「ビーフ黒カレー」」を注文すると、金魚が描かれた器に入れられたデザートや箸置きがさりげなく添えられています。

 「江戸時代から続く、金魚坂で金魚すくいとコーヒーを楽しむ」の記事をチェックして、歴史ある少し不思議な都会の隠れ家で、のんびりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

金魚 | カレー | イベント | ランチ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆